2020/11/27

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

80’s カナダ製 カウチンセーター プルオーバー イーグル 実寸(M~L位)

1980年代位と思われる、カウチンセーターです。

ブランド名は”カウチン・インディアン”。

ハンドニット(手編み)です。

極太の糸。
油分を落ち着かせるためにオガ屑に入れるため、
本物のカウチンセーターは
所々木屑が絡まっています。

人気のあるプルオーバータイプ。

中央に大きめのイーグルと、
モチーフも最高です。

RRLと言われれば、そう見えなくもありません。

重量感・ボリュームがあり、
もちろん保温性も高く、
アウターとして十分機能するニットです。

 

15’s~ Polo ラルフローレン コットン フィッシャーマンニットキャップ

Poloラルフローレンのニットキャップです。

中国製、コットン100%。

フィッシャーマンスタイル。

ウォッシュ加工により
インディゴっぽい色落ちをしています。

編目が粗く、クタクタの質感。

この手のニットキャップとしては大きめの作りで、
頭周り61cm位の方でも余裕があります。

 

80~90’s ラルフローレン トグルボタン ニットコート 表記(M)

1980~90年代、ラルフローレンの
ニットコートです。

素材の混率から推測するに、
これは只者ではありません。

62%ウール、
25%アルパカ、
7%シルク、
4%モヘア、
2%その他。

時代が違えば
コレクションラインと言っても良さそうです。

むろんハンドニット。

トグルボタンのダッフルコートスタイル、ロングニット。

麻紐に、リアルボーントグル。

雪柄は細かく色を変え、
丁寧に表現されています。

この絶妙なネップ部分に、
モヘアとかシルクが混ざっているんでしょうか。

”ラルフローレン”タグが付く、
レディースラインですが、
トグルボタンゆえに前合わせは関係なく、
サイズ感やシルエット的にも、
男女どちらでも使えるアイテムだと思います。

これが雪柄ではなく、
ネイティブ柄だったらもう少し評価が高くなりそうですね。

それにしてもこのニットコート、
最高にクールです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore