stuff」カテゴリーアーカイブ

2021/10/14

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

96-97’s ENERGIE 黒ダック セーリングJKT フード付き 表記(M) 実寸(XL位)

1990年代、ENERGIEの
セーリングジャケットです。

表記はありませんが、
イタリア製ではないかと思います。

セーリングジャケットというカテゴライズには
ちょっとだけ疑問がありますが、
1980~90年代にイタリアで流行した
ファイヤーマンフックスタイルを
セーリングスタイルに転用したデザインだと思います。

似たようなデザインで
様々なメーカーから出ているので、
当時いかにイタリアでこの形が人気だったか容易に想像が出来ます。

大体こういう3つポケットで、
ショート丈です。

フードが残っているのは
ちょっとレアだと思います。

胸のロゴ刺繡から、
1996-97年の秋冬シーズン物と思われます。

プリーツの付いた袖や、
ポケットのフラップには
M-65モッズコートの影響も伺えます。

色褪せしたフェードブラックは
コットンダック特有のエイジングです。

表記Mサイズ。
実寸はXL位。

ショート丈のモッズコート感覚で、
ダボっと羽織るとオシャレです。

 

80~90’s イタリア製 アルマーニ・ジーンズ フックフロントコート 実寸(L~XL位)

1980~90年代、アルマーニ・ジーンズの
フックフロントコートです。

イタリア製。
コットン100%。

こちらもファイヤーマンフックを転用し、
モッズコートにミックスしています。

ベースのモッズコートは、
ドイツ軍とアメリカ軍のディテールが混在しています。

実寸はL~XL位。
M-65モッズコートのS~M位のサイズ感です。

程よく薄手のライトコート、
使い勝手の良いアイテムです。

 

90~00’s USA製 ショット ”968” ナイロンダブルライダース 黒 表記(42)

1990~2000年代、ショットの
ナイロンダブルライダースです。

アメリカ製。

上野商会の品質タグが付かないので、
アメリカからの並行輸入品だと思います。

日本で正規の取り扱いがあったかどうかは不明です。

型番は【968】。
色はブラック。

レアですね。。

近年、様々なメーカーが
ショット(上野商会)にナイロン素材のライダースを別注していますが、
そのほとんどが中国製です。

いつも言っていますが、
中国製が悪いわけでは全くありません。

真面目な工場の中国製は非常に優秀です。

むしろアメリカ製の方が雑だったりします。

でも、残念ながら僕は
その雑味にも魅力を感じてしまうから厄介です。。

その雑さは、
自由と同義語かもしれません。

そして自由の象徴こそ、
ライダースジャケットだと思います。

バックルにも少し工夫があります。

レザーと同じような
ソリッドブラス素材のバックルでは、
ベルトループに負担がかかります。

その重さに引っ張られて
シルエットが歪んでしまったり。

そこでこちらは
アルミ系の軽い素材で、
裏面を凹抜きしています。

こういう素直な発想がアメリカ人っぽくて好きです。

表記42インチ。
実寸はL位。

ナイロン素材のせいか、
なんとなくMA-1っぽい丸みのあるシルエットで、
そこがまた使いやすく感じます。

スウェットパーカーの上に
大きめに羽織ると良さそうです。

 

90~00’s USA製 ショット ”968” ナイロンダブルライダース 黒 表記(38)

こちらはサイズ違いの38インチ表記。

これがまた非常に悩ましい所です。。

先ほどMA-1っぽく大きめに、
と書きましたが、
確かにその着方は正解の1つだと思います。

っていうか、むしろ大きめ派なんですが、。

ライダースジャケットという性格上、
ジャストサイズで着る悦びを、
捨て切ることが出来ません。。

というわけで、
ハッキリ言いましょう。

これは2着必要です。

大きめとジャストサイズ。

2着持っていれば、
迷う必要はありません。

ってか、この
ナイロンダブルライダース、

名作ですね。。

完全に良いです。

最高にクールです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore