2018/12/18

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90~00’s イタリア製 Polo ラルフローレン カシミア100% テーラードJKT 黒 表記(42R)

1990~2000年代、Poloラルフローレンのテーラードジャケットです。

極上のカシミア100%。

トロッとした滑らかな肌触り。

しかもイタリア製です。

色は使いやすい黒。

なんですが、。

残念ながら大きめの穴が襟に。。

全体的に縮みやヨレもあり、

状態はジャンクです。。

限りなく前向きに捉えれば、ギャルソンの縮絨風と言えなくもないですが、。

このヨレヨレっとした感じを活かし、

ホーボーっぽく合わせるならクールだと思います。

 

15’s~ Polo ラルフローレン ”クラシックチノ” 表記(30×30) 実寸(32×29)

こちらは新タグ付き。

2015年~。

クラシックチノです。

洗いざらし(加工)の色褪せたチノクロスが良い雰囲気。

何よりもシルエットが抜群です。

裾に向かって自然にテーパードするタイトなライン。

くるぶし丈よりやや長い位の絶妙なレングス。(体型によりますが。。)

80~90年代に作られたアメリカ人向きのPoloとはまるで別人、

オートマチックに似合います。

 

まるで別人、オートマチックと言えば、

Exタイトフィットのこちら。

USA製 ブルックスブラザーズ BDシャツ オックスフォード ブルー Exスリムフィット 表記(15-33)

2000年代、ブルックスブラザーズのオックスフォードシャツです。

アメリカ製。

コットンのカシミアと呼ばれる、スーピマコットン100%。

ぶっちゃけ僕はクラシックなダボッとしたシャツが好きです。(お腹が出てるから。。)

ただ、それはサイズ選び、着方など細かく注意しないと、

単なる野暮ったいオッサンに、はたまた”それ、しまむらですか?”なんて言われます。

しかし、Exタイトフィットはそんなことを考える必要がありません。

だれが着てもスッキリとオシャレです。

車で言うならマニュアルがクラシックフィット、

オートマがExタイトフィット。

ギターで言うならアコースティックギターとエレキ位弾きやすさが違います。

というわけで幼稚園のお迎えにはこちらがおススメです。

 

80~90’s Polo ラルフローレン M-51型 モッズコート オレンジ 表記(XL)

1980~90年代、Poloラルフローレンのモッズコートです。

シンガポール製。

前回も書きましたが、シンガポール製は作りが良いです。

65%コットン×35%ナイロン。しっかりした生地です。

フード一体型のM-51スタイル。

アルミカラーのジッパーはIDEAL製のUSA規格です。

鮮やかなレスキューオレンジでアレンジするセンスが、

ラルフローレンならでは。

袖先のポニー刺繍が泣かせます。

表記XL。

実寸はXXL~XXXL位。 巨大です。

ミリタリーデザインでありながら、モードでありシティでもあり、

さらにはストリートに溶け込んだ、

クールなモッズコートです。

 

2点セール価格に変更しました。

80~90’s USA製 ファイブブラザー リーフカモ(ERDL迷彩) 長袖シャツ 表記(M)

2800→1400円。

 

92’s ティンバーランド ヌバック フィールドコート 表記(S)

7800→4800円。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStor