日別アーカイブ: 2023/04/05

2023/4/5

+++

4/3からクロネコヤマトの送料が改定されました。
詳しくはウェブサイトでご確認ください。

https://www.yamato-hd.co.jp/news/2022/newsrelease_20230206_2.html
(※タップすると別ウィンドウが開きます)

それに伴い送料を変更しました。

ネコポスは据え置きです。

+++

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

チェコ軍 ヘリンボーン ワークパンツ(作業着) 実寸(35×23.5) L位

チェコ軍のワークパンツです。

年代など詳細は分かりません。
うっすらスタンプが確認できます。

コットン100%、ヘリンボーン織り。

薄手の柔らかい生地です。

米軍のベイカーパンツのような、
パッチポケット仕様です。

コック用と記載されている場合もありますが、
正確な用途は不明です。

何となく部屋着っぽいというか、
作務衣に近い感じがします。

丈上げされているのか、レングスが短めです。

175cm前後の方が履くと、
7分丈位になると思います。

 

97’s USA製 バットマン&ロビン バットガール Tシャツ 表記(L) ※ボーイズ 実寸はXS位

映画【バットマ&ロビン Mr.フリーズの逆襲】のTシャツです。

途中で視聴をやめた、数少ない映画の1つです。
ジョージクルーニーの無駄遣い。

しかし、よくよく考えると、
昔のバットマン(アニメとか)って
ある意味こういう感じだったような気もします。

最近のバットマンがあまりにシリアス過ぎて、
まったく子供向きじゃない事を考えると、
家族で楽しく観るなら悪くないのかもしれません。

というわけで、ワーナーブラザーズのオフィシャルです。

モチーフはバットガール。

これまた無駄に、めちゃくちゃハイレベルな
シルクスクリーンプリントです。

スポットカラーセパレーションの仕組みが良く分かります。

目の周りがベースカラーです。
グレーに白。

その上に色を重ねていきます。

ちなみに肌の色の表現が最も難しい部分です。

90年代終わり、
大手のマーチャンダイズでは当たり前だった
スポットカラーセパレーション。

インクの質感も含め、
この辺がシルクのピークなんじゃないかなと。

その後、環境問題など様々な制約や
インクジェットや昇華プリントなどの新しい技術が
シルクスクリーンプリントの可能性を追い込んでいきます。

 

19’s~ Fifthsun製 マンダロリアン Tシャツ 表記(L)

2019年~、マンダロリアンのTシャツです。

息子にせがまれて、
ディズニーチャンネルに加入するか真剣に考えました。

が、やめました。

なのでトレーラーしか観ていません。

現行スターウォーズTシャツの
ほぼ全てを製作しているのがFifthsunです。

最もクオリティの高いプリントが出来る会社の1つでもあります。

現在リキッドブルーはディズニーと契約していないため、
スターウォーズをTシャツを探すなら、
Fifthsunに頼るしかありません。

スポットカラーセパレーションによる、
シルクスクリーンプリントです。

黒ボディの中から浮き上がるような、
クラシックなデザインです。
このスタイルが最もスポットカラーセパレーションの良さを引き出します。

グレー部分のボカシが上手い。

白とグレーと赤しか使っていないのに、
金属の質感がよく表現されています。

こういうデータの作り方にセンスが出るんですね。

現行なので、アメリカのサイトでは普通に買えます。
定価は21.99ドル。

ただ、日本ではまだあまり流通していません。

 

90’s ラルフローレン BDシャツ BIG Polo 白 表記(M)

1990年代、ラルフローレンの
ボタンダウンシャツです。

ホンコン製、コットン100%。

アメリカ規格・販売用です。

おそらくロイヤルオックスフォード生地だと思います。

ブロード(ポプリン)や、
普通のオックスフォードに比べると、
生地の織り目が良く見えます。

ピンオックスよりも細番手の糸で、
サラッとした上品な質感が特徴です。

胸ポケット付き。

裾にポニー刺繡です。

表記Mサイズ。
実寸はL位。

ラルフローレンの白シャツの中では、
ちょっとだけスぺシャルな1枚だと思います。

 

よろしくお願いいたします。

Online Store