日別アーカイブ: 2021/11/10

2021/11/10

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

11~17’s デニム&サプライ M-51 中綿入り+フード付き ジャケット 黒 表記(S)

デニム&サプライ・ラルフローレンの
フィールドジャケットです。

タグが黄ばんで見えますが、
元々こういうデザインです。

でもこれ10年後には、
ただの汚れだと思われそうですね。。

それにしてもD&Sのタグは秀逸です。

ベースデザインは米軍のM-51フィールドJKT。

生地をリップストップに。
中綿を入れてシルエットを丸くし、
スウェットフーディを重ね着したようなデザインです。

ポケットフラップも中綿入りで、
ボテっと膨らんで可愛い感じです。

フード部分も手が込んでいます。

ジッパーはコンマー刻印。

ですが、

IDEAL製です。

表記Sサイズ。

着用感も表記通りですが、
袖丈が長めです。

最近の若者は腕も長いんですかね。。

袖丈61cmが丁度いい僕は、
すでに旧式体型なのかな。。

 

15’s~ Polo ラルフローレン シャンブレーシャツ チンスト・マチ付き 表記(M)

2015年~、Poloラルフローレンの
シャンブレーシャツです。

チンスト付き。

肩~袖繰り、サイドは
トリプルステッチ。

ペンホールステッチは、
色褪せたような赤。

で、マチ付きです。

チンストの垂れ具合は、
スウェットフーディをレイヤーした時に
効いてきます。

 

40’s U.S.NAVY N-1 デッキジャケット 初期型 表記(42) ※ジャンク

1940年代、U.S.NAVYの
N-1デッキジャケットです。

NXsx38069。
3万桁の初期型です。

袖先裏までアルパカが貼ってあります。

ですが、そんな事はもうどうでも良い位、
ボロボロです。。

あえて言うなら、
状態の良い物=正義ではない、
という”場合”もあります。

あまりにもキレイだと、
復刻と間違われてしまうかも。。

でも、ここまで襤褸ければ、
復刻だと思う人はいなそうですね。

明らかに、
初見でビンテージと分かります。

襟の毛がほぼ抜けて、
下地が見えます。

おかげで下地がコットンだと判明しました。

コットンベースにアルパカウールの植毛生地は、
さすがに復刻するのは大変そうですね。

特にアルパカ率が高い
茶色の40年代初期ボアは、
中々再現出来ないと思います。

ジッパーはクラウンに交換。

USNロゴは、
もはや【 JSN 】に見えます。

その他リペア、ダメージが多数あり、
本当にボロボロのジャンクコンディションですが、
出来る限りのメンテナンスはしました。

今年の夏に手洗いしています。
漂白、消毒、天日干し。

なのでこの見た目に反して清潔です。

ただもうこれ以上は綺麗にならないと思います。。

表記42インチ。
実寸はL位。

ボロボロ好きの方以外には、
絶対おすすめ出来ません。
(なんか日本語がおかしいな。。)

 

50’s U.S.NAVY 10ボタン Pコート 刺繍入り 表記(34)

1950年代、U.S.NAVYのPコートです。

Service No.とサイズ表記が入る、
50年代のプリントタグです。
(40年代まではRate表記)

オシャレは裏地から。

持ち主の名前と年号が、
刺繡されています。

いわゆるスーベニア系Pコートです。

派手好きの人はここに
虎や龍の柄を入れたりしますが、
これをオーダーしたキャルビンさんは、
控えめな性格だったようですね。

どちらにしろ、
こういうカスタマイズ系のPコートは、
中々市場に出回りません。

ついでに、こちらは
ポケット裏がコーデュロイではなく、
オリーブドラブカラーのウール素材。
これもちょっとレアなディテールです。

表記サイズは34インチ。
実寸はタイトなXS位。

165cm、~60kg位の方が着て、
丁度良い位だと思いますが、

175cm、65kg前後の方が、
ピタッと着ると最高にクールです。
(ただ前は閉まらないかもしれません)

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore