月別アーカイブ: 2021年10月

2021/10/28

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

80~90’s USA製 Polo ラルフローレン 紺ブレザー 表記(38R)

1980~90年代、Poloラルフローレンの
紺ブレザーです。

アメリカ製。

インポートファブリックタグです。

定番の紺ブレですが、
この時代はオンワード樫山製が多く、
本場アメリカ製の紺ブレは実は意外と見つかりません。

と言っても、
何が違うかと言われると、
正直そこまで大きな違いはありません。

ただオンワード樫山製は、
品質タグに検印・工場印の【ハンコ】が押してあります。

アメリカのアイビー服に、
純和風なハンコって、
なんかちょっと萎えませんか。。

やや厚手の肩パッド入りで、
襟も若干大きめなので、
80年代終わり~90年代頭位だと思います。

写真で見ると、肩にインパクトがありますが、
実際に着てみるとそこまで違和感のない形です。

あくまでクラシック紺ブレで、
ちょっとだけ流行を取り入れている感じです。

表記38R。
実寸も表記通りM位。

175cm前後、60~65kg位の方が着て、
丁度良い位だと思います。

若干保管臭がするので、
着用前に天日干しをオススメ致します。

ただ状態は良好です。
ポケットに仕付け縫いがしたままでしたが、
(つまりほとんど未使用?)
掲載にあたり外しておきました。

 

80’s USA製 Polo ラルフローレン キャプテンジャケット 表記(M)

1980年代、Poloラルフローレンの
キャプテン(船長)ジャケットです。

アメリカ製。

この時代、
いわゆる海の男スタイルが流行ったようで、
当時のカタログにもそんなイメージの写真が
たくさん載っています。

セーリングギアなども、
この延長線上にありますね。

とは言え、
実際に街中でこういうデザインの服を着ていると、
ロマンス詐欺の船長役なのか、
と思われてしまうかもしれません。

タートルネックにマリンキャップ、
白いフレアパンツに、パイプをくわえた人を見たら、
一旦距離を取った方が良いでしょう。

というわけで、
間違ってもそんな組み合わせはしない方が無難です。

では、どんなコーディネートが合うのか。

あれ、。

うーむ。。

確かになぁ。。

すいません、。
ギブアップです。

 

17~18’s USA製 Polo ラルフローレン ツイードJKT 50th? 襟裏ヌバックレザー 表記(38R)

Poloラルフローレンのツイードジャケットです。

首元に、USAメイドの
星条旗タグが付くので、
おそらく50周年記念のシリーズだと思います。

50周年と言う事で、
ラルフローレンのアーカイブから数モデルを選択し、
ディテールやシルエットをアップデートして
アメリカで生産されました。

こちらのモデル名は【PCU】。

ワーカーズユナイテッド、
ユニオンメイド表記入りです。

ウール×アルパカの、
上質なツイード生地。

ゴワゴワ感は全くなく、
柔らかく着心地の良いツイードです。

モノクロヘリンボーン柄。

段返りの3つボタン、

袖先も本革包みボタンです。

表記38R。
実寸も表記通りです。

タイトでシュッとした、
でもストレスのないバランスの良いシルエット。

襟裏はシープレザーのヌバックで切り替えています。
これ、オシャレですよね。

状態も良好です。

 

08’s セールスマンサンプル Polo ラルフローレン 太畝コーデュロイ スポーツコート 表記(40R)

Poloラルフローレンのコーデュロイジャケットです。

こちらはセールスマンサンプル。

FA’08シーズン用。
モデル名は【ヘリテージ・スポーツコート】です。

太畝コーデュロイ生地。

トロッとした極上の質感です。

裏地は前身頃と袖のみ。

芯地のない(薄い)アンコン仕立てなので、
身体のラインに自然に沿うシルエットです。

段返りの3つボタン。

袖先は本切羽。

本革のエルボーパッチ。

ポケットはボタン付きで、
ロゴ入りです。

細かい所まで手抜かりなしです。

表記40R。
実寸もL位とやや大きめですが、
厚手のニットや、インナーダウンの上に、
ダボっと羽織る感じもオシャレです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore