日別アーカイブ: 2021/09/18

2021/9/18

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

90’s Polo ラルフローレン アノラック・フーディ 赤×紺 表記(S)

いちおう屋号が【アノラック】なもので、
アノラック選びはそれなりに気をつかいます。

数あるアノラックの中で、
僕が普段良く着ているのが、
パタゴニアのバギーズプルオーバーと、
こちらの
Poloクラシック”ヤッケ”です。

立体的なフードの作り、
プレーンなポケットの配置、
【ヤッケ】という昭和の死語にふさわしいルックスです。

デザイン的には全く奇抜さはありませんが、
それが好みです。

ポイントは胸のポニー。

これがあるだけでホッと一安心。

そしてこのコードのパーツ。

こんなんでホールドできるの??
と思いきや、
毛羽立ったコットンコードと絡まって、
程よく止まってくれます。

アクセサリーみたいで可愛いし。

カラーバリエーションは、
紺、ベージュ、緑、赤を確認済み。

その他にもあるかもしれません。

表記Sサイズ。
かなり大きめの作りで実寸はXL位あります。
ダボっとした太めのシルエットが良い感じ。

アイテム自体は探せばすぐに見つかりますが、
このサイズはちょっとレアだと思います。

 

93’s イングランド製 バーバリー ドリズラージャケット ベージュ 表記(48R)

1990年代、バーバリーの
ドリズラージャケットです。

イングランド製。

表地はコットン×ポリエステル。

ポケット内側の表示は、
【48REG R391A】
なので、91年製かなぁと思いましたが、

裾に同色で【93’】の刺繍があるので、
1993年製でしょうか。

ついでにポケットに【n】の刺繡入り。

プレーンなデザインゆえに、
襟裏のチェックが際立ちます。

実寸はL位で袖丈が短め。
つまり良い具合にダボっと着用可能です。

 

90’s オールド GAP 小紋柄 BDシャツ 表記(S)

ラルフローレンとGAPの関係は意外と蜜月で、
ポロウエスタンはGAPの持つ背景(工場)で生産されていましたし、
かのポニー刺繡はGAPのオーナーによるリクエストで誕生したという
都市伝説がある位です。

確かに、よくよく考えてみると、
GAPと付き合いだすようになってから、
ラルフローレンはアジア製(台湾)が多くなっていきます。
(会社の規模も大きくなります)

その後、マレーシア、フィリピン、シンガポールなど
アジア工場の開拓経路もGAPと似ています。

生産背景(工場)が近いという想像は
あながち見当外れではないはずです。

なんて事を聞いた上で、このタグを見ると、
色使いから、品質表記の書き方まで、
ラルフローレンの姉妹のように見えてくるから不思議です。

1990年代、GAPの長袖シャツです。

ポロカラーのボタンダウンスタイル。

小紋柄の総柄プリントです。

絶妙なダークカラー。

60年代位の古いシャツを思わせます。

ペイズリーとか小紋柄とか、
センスの良いシャツは中々ありません。

襟も小ぶりでクールですね。

表記Sサイズ。
珍しく実寸も表記通りです。

 

00’s イングランド製 ブームコルティーナ オイルドジャケット 表記(M)

2000年代と思われる、ブームコルティーナの
オイルドジャケットです。

イングランド製。

表地はコットン100%、オイルドクロス。

ただ、バブアーのようなベトベト系ではなく、
サラッとした質感のドライオイルドです。

イギリスのストリートウェアブランドらしいですが、
あまり情報がないので詳細は分かりません。

同じくイギリスのマハリシや、
グリフィン、Vexed Generationなど、
テックウェア系デザインを得意としたブランドだと思います。

ハンドメイドのような素朴なパターンと縫製は、
むしろサイエンス・ロンドンに近いかもしれません。

袖にリフレクター。

脇サイドをリブ切り替え。

裏地はキルティングです。

オアシスやブラーなど、
90年代のイギリス音楽が好きな方には、
グッとくる服だと思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore