日別アーカイブ: 2021/09/15

2021/9/15

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

70~80’s USA製 BREIER OF AMSTERDAM ヌバックレザー BDシャツ 実寸(M~L位)

以前は618(ショット)が普通に着れたんですが、
寄る年波には抗えず、
年々ライダースが重く感じるようになってきました。

ついでにあまり似合わなくなってきたような。
(これは致命的だな。。)

でも、革製品が着たい。

そこで目を付けたのが、
レザーシャツです。

それも、表革のブリブリしたやつではなく、
柔らかいヌバックレザーがお気に入り。

モチっとした牛革のヌバックです。

1970~80年代、
BREIER OF AMSTERDAM。

アメリカ製です。

ニューヨークのレザーファクトリーメーカーのようで、
スエードやヌバック製品を中心に販売していました。

クリーニングやメンテナンスもしていたようで、
送り先の住所が書いてあります。

ビンテージのレザーアイテムでは珍しい、
ポロカラーのボタンダウンスタイルです。

あんまりない、というかほとんど見かけませんね。
(あっても90年代以降のフェイクレザーだったり)

実寸でM~L位。

ユッタリしたシルエットなので、
インナーに薄手のスウェットパーカーを合わせても良さそうです。

シャツジャケット感覚で、
ラフに着用出来ると思います。

 

90’s Polo ラルフローレン シープ ヌバックレザー 長袖シャツ 表記(L)

同じくヌバックレザーのシャツ(ジャケット)です。

こちらはPoloラルフローレン。

シープレザーのヌバックです。

トロけるような肌触り、
極上の革質です。

まるでベルベットのように滑らかです。

Leeのような胸ポケット。
打ち込みボタン。

立ち位置はシャツ~ジャケットの中間ですね。

むしろこのディテールなら、
ポロカントリーやRRL名義でも良さそうです。
(時代がちょっと違ったのかな)

表記Lサイズ。
やや小さめで、実寸はM位です。

175cm前後普通体型の方が着て
丁度良い位だと思います。

 

90’s Polo ラルフローレン シープ ヌバックレザー スラックス グレー 実寸(32×31.5位)

1990年代~、Poloラルフローレンの
レザースラックスです。

こちらもシープレザーのヌバックです。

軽く、トロッと、柔らかい質感。

ノータックのプレーンなデザインです。

これを洗って、乾燥機にかけたら、
Shantiiのヌバックパンツっぽくなるんですかね。。

そんな冒険は僕には出来ませんが。。

実寸は32×31.5位。

大体こういうのはレディースが多いんですが、
こちらはPolo名義のメンズラインで、
しかもサイズバランスが最強です。

 

90~00’s Polo ラルフローレン シープ ヌバックレザー トライアルマスター型ライダースJKT 2トーン 表記(M)

1990~2000年代、Poloラルフローレンの
ヌバックレザージャケットです。

こちらは完全にスぺシャルです。。

まるで着ている事を忘れるくらい
軽く柔らかい革。

身体に吸い付くような極上の着心地です。

これならストレスなく着用可能ですね。

ベルスタッフのトライアルマスター型。

4ポケットのライダースデザインです。

ジッパープルが上品ですね~~。

ロゴ刻印入りボタン。

裏面はレザーを挟んでしっかり補強。
作りの良さが伺えるポイントです。

色の濃淡を微妙に変え、
ランダムな2トーンになっています。

日焼けなどではなく、
元々こういうデザインです。

表記Mサイズ。
大きめの作りで実寸はL位あります。

クタっと垂れるシルエット。

これは定価では中々買えないシリーズですな。。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore