2024/2/15

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

60’s M and h.h.Sichel バティックプリント生地 長袖シャツ 表記(L)

1960年代位と思われる、M and h.h.Sichelの
長袖シャツです。

インポーテッド=輸入生地。

ハンドブロック=インドの伝統技法、
木版によるハンドプリントです。

バティック風のデザインを
ブロックプリントで表現した、
という意味だと思います。

それにしても良い柄ですね。。
初期のSTUSSYが好きな方にも
グッとくる色・柄だと思います。

ポケットは完全に柄合わせ。

60年代までのアメリカは、
やっぱり作りがいいですね。

ギターもそうですが、70年代に入ると
途端に品質が低下します。
国力の低下とリンクするように。

しかし80年代にまた盛り返して、
マイケルジョーダンと
マイケルジャクソンと、
デイブガードナーが、

おっと、話が逸れてしまった、。

ループカラーのボックスシルエット。

これはもう完全に不良のシャツです。

 

90’s~ Wendy’s World ワイン Tシャツ 実寸(XL位)

1990年代位と思われる、
Wendy’s WorldボディのTシャツです。

形の良い鼻、
カモシカのような脚、
美しい身体、

女性の事かと思わせつつ、
ワインのプリントです。

ほろ酔い加減で描いたような、
ラフな絵が良い感じ。

ボロボロですが、
そこも含めて古着らしい古着です。

 

80~90’s イタリア製 Umberto Bilancioni 3タックワイドパンツ 実寸(32×24.5)

これは良い。

Umberto Bilancioniのワイドパンツです。

ブランド自体は、
80年代のバブルの頃にビートたけしが着ていたような
凶悪な服が多いようですが、

こちらは違います。

ミニマルでナチュラル。

素材はシルク×Flax。

クタクタの滑らかな生地。

3タック入りのワイドシルエット。

ギリシャの海辺で
絵を描いているオッサンが履いてそうです。

 

80’s~ bloomingdale’s 変形シャツ 表記(L)

1980年代位と思われる、
bloomingdale’sの長袖シャツです。

アメリカの大手百貨店。

リネン100%。

フロントは一見普通ですが、

背中が大変な事になっています。

生地を重ねたような感じ。

エッジ部分はフリンジ加工。

これはもう説明よりも直感ですね。

良いと思ったら是非。

 

よろしくお願いいたします。

Online Store