2023/7/4

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

20’s~ Polo ラルフローレン ソフトコットン Tシャツ 白 表記(XXL)

2020年~、PoloラルフローレンのTシャツです。

正式名称は【カスタム スリム ソフト コットン Tシャツ】、
定価は税込み12100円です。

無地のTシャツとしては、
中々にして贅沢な金額です。

その金額の理由を、
一方ではこのロゴマーク税という、
うがった見方も出来ますが、

そればかりでは、無論ありません。
ブランド価値と品質が均衡していなければ、
いずれ淘汰され、消えるはずです。

つまり、品質が良いんです。

このTシャツ、
触り心地がトロットロです。

キャンバーやロサンゼルスアパレルが得意な
ヘビーコットンの対極。

トロトロの滑らかコットンです。

こんなTシャツ着た事ない。。

ヘビーコットンに慣れ過ぎた僕には、
新鮮さを通り越して、冒険です。

この冒険をポニー刺繡なしで乗り越える勇気はありません。

 

00’s イタリア製 レイバン RB2140 ウェイファーラー 黒 47サイズ

2000年代、レイバンのウェイファーラーです。

型番はRB2140。
901は色番でエボニー(黒)。

こちらは欧州モデルです。
ちなみにアジアンフィットは2140”A”(現行はF)。

レンズの傾斜角度がオールドレイバンとほぼ同じ。

ボシュロム時代のウェイファーラーが好きな方には、
アジアンフィットよりもこちらがオススメです。

キュッと角が尖がったような
ウェイファーラーらしいシルエットです。

左がB&L、右がRB2140。

ポイントは型番の後ろの【47□22】です。
レンズサイズ47mm、ブリッジ幅22mm。

現行のRB2140は50□22サイズのみ。
RB2140Fでも、52□22や54□18しかありません。

こちらはそれよりも一回り小さい47サイズです。

当時この47サイズを女性用扱いしている所もありましたが、
レスカやジャックデュラン、タートオプティカルなど、
小ぶりなメガネが流行っている昨今、
むしろ需要のあるサイズだと思います。

左がB&Lウェイファーラー50□22、
右が47□22サイズです。

オールドウェイファーラーもかなりシャープですが、
それよりもさらにキュッとしている印象ですね。

 

20’s~ Polo ラルフローレン サリンジャーチノショーツ 表記(32) 実寸(34位)

2020年~、Poloラルフローレンの
チノショーツです。

旧Polo Chinoタグを再現した、
プリントタグが付いています。

パッと見、90年代っぽいですが、
実は超最近の物という。

シンプルでクラシックなディテール。
ただ、そこはやっぱりラルフローレン。

左バックポケットのボタンフックや、

内側のパイピング仕様など、
細かい部分がアップデートされています。

ウォッシュ&USED加工により、
程よく履き込んだ風合いを、
さりげなく表現しています。

 

90’s Polo ラルフローレン スイングトップ ブラックウォッチ 表記(L)

1990年代、Poloラルフローレンの
スイングトップです。

この紺タグ、そろそろ本当にビンテージに見えてきました。

定番のスイングトップ。
こちらはブラックウォッチ柄。

そして胸はポニー刺繡ではなく、
ゴルフロゴです。

このロゴ、本当に秀逸ですね。

ラルフローレンのワンポイントロゴのセンスは
ズバ抜けてクールです。

表記Lサイズ。
実寸はL~XL位。

今まで様々な素材、サイズ、色の
Poloスイングトップを着てきましたが、
僕の中ではこれが一番正解に近い気がしています。
(いま、現在の話ですが)

 

よろしくお願いいたします。

Online Store