2021/12/8

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

90’s USA製 アルファ N-2B フライトジャケット 黒 表記(M)

1990年代、アルファのN-2Bです。

アメリカ製。

IDEALジッパーです。

白ファーから変更された、
グレーっぽいベージュファー(化繊)。

フードをジッパーで開いた方が、
N-2Bっぽい荒々しさが出ます。

色は黒。
表記Mサイズ。

官給品と比べるとチープな作りですが、
その分軽くて着やすいです。

オマケに官給品よりも
着丈が長いのが嬉しい所だと思います。

 

Levi’s LEJ 570 バギーテーパード 実寸(31.5×27位)

Levi’s、エンジニアードジーンズ、
LEJ 570です。

バギーテーパードシルエット。

リーバイスレッドのファーストスタンダードを意識した
片ポケの、立体裁断デザインです。

2019年、お金をかけたCMが話題になりました。

それがなくとも、
普通にカッコ良くて、
普通に履きやすいです。

気を付けなければいけないのは、サイズ表記です。
表記はほぼ参考になりません。

ちなみにこちら28×30表記ですが、
実寸は31.5×27位です。

 

40’s 織りネームタグ U.S.NAVY セーラーシャツ 実寸(XS位)

1940年代、U.S.NAVYのセーラーシャツです。

数あるU.S.NAVYのアイテムの中でも、
最もオッサンが着てはいけない服の1つです。

特に、学校の傍で着ようものなら、
職務質問の対象になりかねません。

参観日などもってのほか。

ある意味、鋲ジャンよりも危険です。

横長の織りネームタグが付く、
1940年のオールドタイプです。

30年代はもう少し縦が長い長方形で、
50年代~はプリントになります。

実寸はXS位。
ただしプルオーバーなので感覚的にはXXS位です。
着丈が短く詰められています。
でも袖丈は長めです。。

というわけで、
あまり着用向きではありません。

タグやパーツのサンプル採り用にいかがでしょうか。

 

40’s 織りネームタグ U.S.NAVY Pコート 10ボタン 実寸(S~M位)

同じく、横長の織りネームタグが付く、
1940年代のPコートです。

裏地は光沢があるタイプなので、
40年代半ば位でしょうか。

40年代前半はまだ光沢のないマットな裏地です。

10ボタン。

チンストも残っています。
(これ意外と重要なポイントです)

ポケット裏地は、
太畝のコーデュロイ。

残念ながら袖丈が詰められています。

しかもあまり上手ではありません。

この分厚いメルトンウールを縫うには、
それなりにパワーがあるミシンと、
技術が必要です。

と言っても、
袖丈は実寸で60cm位あるので、
標準的な日本人体型の方でしたら、
むしろ丁度良い長さだと思います。

そもそもPコートって
元々袖丈がちょっと長めなんですよね。。

というわけで、
175cm、65kg前後の方なら、
問題なく着用できると思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore