2021/11/2

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

【未使用】 Levi’s エンジニアドジーンズ LEJ 512 スリムテーパー 表記(30×30)

2019年、Levi’sエンジニアドジーンズ、
LEJ512です。

リーバイスレッドの流れを継承した、
立体裁断デザインです。

バックヨークなど、各ディテールも
ファーストスタンダードに似ています。

細くテーパードした
綺麗なシルエットです。

新品・未使用。
定価は12000+Tax。

ちなみに僕も色違いを愛用しています。

 

15’s~ イタリア製 Polo ラルフローレン ダッフルコート 濃紺 表記(38S)

2015年~、Poloラルフローレンの
ダッフルコートです。

イタリア製。

現行Poloのダッフルコートはほぼ中国製なので、
イタリア製はレアだと思います。

80%ウール×20%ナイロン。

ダッフルコートの生地は、
メルトン生地だとばかり思っていましたが、
正確にはダッフル生地と言うそうですね。。

違いはイマイチよく分かりませんが、
2重綾織りボイルドウール(紡毛織物)、
ベルギーの都市デュフェルにちなんで、
ダッフル生地、と言うそうです。(Wiki参照)

なるほど元々2重構造だから、
裏地の記載がないのか。。
ウィキペディア様、勉強になりました。

N-3B同様、ここ数年あまり人気はありませんが、
僕はダッフルコートとPコートが大好きです。

麻紐、ウッドトグルの
クラシックなディテール。

麻紐の留め方が凝ってますね。

色は濃紺。
内側はブラックウォッチ。

表記38S。
実寸はM位です。

175cm、65kg前後の方が着ると、
まるでオーダーメイドのようにピッタリです。

太すぎず、細くなく、
スッキリした綺麗なシルエットも魅力。

中国製のダッフルコートで7~8万円するので、
おそらく定価は10万円オーバーではないかと思います。

 

70~80’s グローバーオール ダッフルコート ”ALEXANDER” ベージュ 表記(US34) 実寸(M位)

1970~80年代、グローバーオールの
ダッフルコートです。

旧タグ、モデル名入り。
【ALEXANDER】。

裏地がチェック柄のモデルが、
【ALEXANDER】だと思います。

ちなみに裏地が同色だと【DOLOMITE】です。
(たぶん)

レザーストラップに角トグル。

ボーイズモデルなど廉価版は
樹脂製のイミテーションですが、
こちらは本物の角ボタンです。

表記USA34。
実寸はM位。

これまた175cm、65kg前後の方が着ると、
袖丈が2cm位短く感じるものの、
不思議にジャストサイズです。

 

【極上】 タグ付き イングランド製 グローバーオール 【MONTY】 M585V.K. ダッフルコート 表記(M)

2019年~と思われる、
グローバーオールのダッフルコート、
【MONTY】です。

第二次世界大戦時、英国軍が採用した
ダッフルコート(モンティコート)を意識したデザインです。

ストラップが【3本】というのが最大の特徴。

グローバーオールでは珍しく、
麻紐×ウッドトグルのセットです。

内側に裾のめくれを防ぐ、
ストラップベルト付き。

表記Mサイズですが、
かなり大きめの作りで実寸はL~XL位あります。

ダボっとワイドなシルエット。

モッズコートのMサイズを、
そのままダッフルコートに置き換えたようなサイズ感です。

未使用ではありませんが、
下げ札が残る極上コンディションです。

ちなみに、定価は79920円。

定価では中々手が出ません。。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore