2021/10/19

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

80~90’s パタゴニア 中綿入りジャケット ラベンダー×レモン 表記(M)

1980年代、パタゴニアの中綿入りジャケットです。

年号表記が見えないので、
正確には分かりませんが、
おそらく87~89年位ではないかと思います。

90年以降のモデルとは、
微妙にディテールが異なります。

例えばポケット内側は
キャプリーンではありませんし、

チンストにフリースがなかったり、
裾にコードが付いていたり、
細々と違います。

中綿ジャケットの初期モデルだと思います。

色はラベンダー×レモン。

メンズモデルでこの配色。
今では中々作ってくれないカラーですね。

 

92’s パタゴニア 中綿入りベスト ラベンダー×紺×赤紫 表記(S)

こちらは1992年製。

同じ中綿入りシリーズのベストです。

ラベンダーにインクブルー、
内側はラズベリー(赤紫)。

92~94年のカラーリングは最強ですね。

都市伝説ではデッドヘッズ系出身のデザイナーが
いたとかいないとか。

ポケット内側はキャプリーンで、

チンストはフリース付きです。

表記Sサイズですが、
実寸はM~L位あります。

中綿のヘタリもなく、
状態はまずまず良好な部類に入ると思います。

 

※ジャンク(着用不可) 90’s パタゴニア 中綿入りジャケット エメラルドグリーン 実寸(M~L位)

同じく中綿入りジャケットの、
1990年製です。

エメラルドグリーン。

胸ポケットがなく、
比翼が右前なので、
ボーイズモデルです。

残念ながらコーティングが劣化し
粉が出てきます。

オールドパタゴニアの
ナイロンウェアはほぼこの状態です。。

ゴアテックスしかり、
コーティング加工の功罪ですね。

(功)雨を弾き、風の侵入を防いだ技術は、
(罪)それが仇となって劣化が早まり持続が出来ない。

進化する事を途中で放棄したシエラデザインズは、
まだ現役で着用出来るのになぁ。

というわけで、
こちらは着用出来ません。

最後に残された活路は、
ジッパースライダーのパーツ取り位です。

ちなみに先日別の案件で
パタゴニアにジッパースライダー交換のリペアをお願いしたところ、
この形のYKKスライダーは規格が変更されたようで、
ジッパーテープごと全交換するしかないと言われました。

スライダーだけなら無料って書いてあったので依頼したのですが、
結局2600円位かかりました。。

いや、まぁすごく上手に直してもらったので、
まったく文句はないんですが。

というわけで、
このスライダーは、
いつか何かの役に立つかもしれません。

 

91’s パタゴニア 中綿入りジャケット ウグイス色×マリンブルー 表記(12)

同じく、ボーイズモデルの
中綿入りジャケットです。

こちらは劣化していないので、
着用出来ます。

と言っても、
今後の保管状況や、洗濯方法により、
コーティングが劣化する可能性は大です。

早晩劣化し、着用出来なくなると思います。

おそらくあと10年は持たないと思います。

でも10年も同じ服着ないっすよね?

飽き性の僕は、
好みが3か月と持ちません。

すぐに他のが欲しくなります。

一生モノなんて、いりません。

コーティングが劣化するまえに、
僕の目の前から消えてくれ。

サステナブルなんて高尚な考えではなく、
ただ欲の赴くままに移ろい、
消費するだけです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore