2021/10/7

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

90’s コロンビア アノラック・フーディ ボタンフロント ベージュ×緑×紫 実寸(XL位)

1990年代、コロンビアの
アノラック・フーディです。

品質タグはありませんが、
タイワン製だと思います。
ナイロン100%です。

ジッパーやスナップボタンではなく、
掛けボタンというクラシックなディテールが特徴です。

人気があったようで、
数年にわたりほぼ同じディテールで
様々なカラーバリエーションが作られました。

こちらはその中でもちょっと珍しい
渋めの配色です。

ベースは暗めのベージュ。
フード内側に深緑、
首元返し部分に赤紫です。

サイズは実寸でXL位。

ダボっと大きめに羽織れると思います。

 

98年12月 HOLLOWAY スタジャン オールブラック 柔らかレザー 表記(S)

スタジャンメーカーと言えば、
3大ビッグメジャーは
・BUTWIN
・De Long
・ゴールデンベア
でしょうか。

とりあえずこの3つから選べばミスはありません。

その下くらいに位置するのが、
・EMPIER
・Roots
そして、
HOLLOWAYです。

おそらく昔からのスタジャン好きは、
”なんだ、HOLLOWAYかぁ~、。”
と言ってしまうかもしれません。

確かに3大メジャーに比べると、
質が落ちます。

生地も縫製もなんかちょっと安っぽい感じが漂います。

でも、こちらは雰囲気が違います。

一般的なスタジャンは、
雨に強くするため、
袖レザーを厚めのラッカー塗装で仕上げます。

ゆえに表面がゴワゴワし、
まるでビニールか合皮のようになってします。

ところがこちらは、

まるでレザーシャツに使うような、
クタクタの柔らかい革です。

シボの出方も良い感じ。

古着のスタジャンで
この革質は珍しいと思います。

ついでにオールブラック。

これは、。
ぶっちゃけブランドは3流ですが(失礼な。。)
完全に当たりスタジャンです。

ちなみに、1998年12月製です。

 

14’s? A.P.C. プチニュースタンダード ヒゲ落ち 表記(29) 実寸(31.5×27.5位)

A.P.C.のデニムパンツ、
プチニュースタンダードです。

ヒゲ落ちしています。

と言っても、
ダンブルドアのような迫力のあるヒゲではありません。
豊臣秀吉ほど薄くなく、
エピソード3のオビワン・ケノービ位でしょうか。

糊付けして出来た、
ワザとらしいヒゲが苦手な方も多いでしょう。

こちらはあくまで自然なヒゲです。

何も考えず履いただけ。

注意が必要なのは、
ヒゲ落ち=状態が良くない
という点です。

こちらもお尻部分の生地が薄くなっています。
すぐに破れるほどではありませんが、
数年のうちにリペアが必要になると思います。

日常的に履くというよりも、
ヒゲ落ちしたデニムが履きたい日に、
そっと履く1本、
という接し方がお勧めです。

 

90’s USA製 HOLLOWAY スタジャン トリコロール 表記(M)

もう1着、HOLLOWAYを。

こちらはラッカー仕上げの
バリバリレザーです。

70年代以降のスタジャンは
基本的にこの加工ですよね。。

ボディが青、
袖は白、
リブラインに赤。

ザ・アメリカ、という感じの配色ですが
これが意外と見つかりません。

背中に
ナッシュビル・ホーネッツの
ペナントロゴワッペン付き。

これぞ王道のアメカジです。

今年はスタジャンが着たい。

そう思って探してきましたが、
フルデコは種類によっては恥ずかしいし、
無地が似合うほど男前でもない。。

そんなわがままにスパッと正解を出してくれたのが
こちらでした。

ま、欲を言えば右上腕に
ナンバリングがあってもよかったかな、なんて。。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore