2021/8/12

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

00’s USA製 バードウェル ナイロンパーカー 赤 表記(S)

バードウェルのナイロンパーカーです。

品質タグはありませんが、
アメリカ製のハンドメイドです。

サーフニールナイロンに、
コットンフランネルのライナー付き。

ジッパー裏がこのタイプなので、
2000年代だと思います。

IDEALかなぁ、。

ショート丈のフード付き。

袖先カフスなし。

胸ポケット付き。

現在オフィシャルサイトには
この形が掲載されていないので、
廃版になってしまったのかもしれません。

コーチジャケットでも
ウィンドブレーカーでもない絶妙なシルエットで
僕は一番好きな形でした。

ペラペラのナイロンに
コットンライナーを付けただけの
シンプルなパーカーなのに、
定価は20000円位して、。(日本輸入品の)

パタゴニアとかアークテリクスの
ハイテク生地なら分かるけど、
なんでこれがそんなに高いの??

なんて思うんですが、

実際着てみるとすごく良くて、
なんか普通に気負わず着れて、
つい、いつもこれを選んじゃう、。

みたいなパーカーです。

それがバードウェルが生き残った理由かもしれませんね。

 

07’s USA製 グレゴリー デイアンドハーフ ”バリスティックナイロン” 黒 白ステッチ

2007年、グレゴリーのデイアンドハーフです。

1680デニールのバリスティックナイロンを使った、
ファーストモデルです。

初回版はサイドに、
(C2H4)nのピスネームが付きました。

ケブラー糸で縫製された、
この時点は一番強靭なモデルとして登場。

定価もちょっと高かったような記憶があります。

その後もバリスティックナイロンシリーズは続きますが、
ボディと縫製糸の”色”を変えたタイプは、
この2007年度版のみだったと思います。

バックルに07年の刻印入り。

もちろんアメリカ製です。

メーカー記載の容量は33リッター。

ちなみに撮影時は
ボアライナー付きのモッズコートを入れてみました。

こんなに大きなアウターを入れても
まだ余裕がある感じです。

普段使いとしては大きめですが、
サイドのアジャスターベルトで絞ると
意外と小さくまとまります。

目立つダメージはなく、
内側のコーティング劣化もありません。

年代を考慮しても状態は良好だと思います。

 

90’s USA製 旧タグ グラミチ ショートパンツ 織り柄入りチェック ブルー×ピンク 表記(W-M)

1990年代、グラミチのショートパンツです。

アメリカ製。

旧ボックスロゴタグ。

織り柄入りのチェック生地を、
薄いピンク色でピグメントダイ。

サイズタグの下がカットされています。

これはWomen’s表記を誤魔化すため??
別に気にする必要ないのになぁ。。

つまり表記はWomen’s-Mサイズです。

でもウエスト実寸はメンズのMと同じ位。
ただしレングスが短めです。

というわけで、
ショートレングスが好きな方には
むしろWomen’sがお勧めです。

 

90’s UK製 グッドイナフ×Gimme Five カップショルダー&コーチジャケット リバーシブル 表記(S)

1990年代、グッドイナフの
リバーシブルジャケットです。

トライバルタグ付く初期モデル。

なんと生産はGimme Five。

イギリスのストリートを牽引した、
マイケル・コッペルマンが1989年に設立。

キムジョーンズも在籍していた事があるようで、
現在のHFとの繋がりを考える上でも
文脈的にとても面白いアイテムだと思います。

Gimme Five製のグッドイナフ。
これはある意味マックスに美味しいコラボですね。。

ベージュ面はカップショルダーの
ダービージャケット風。

裏返して白面は、
リブ付きのコーチジャケット風です。
(セットインスリーブ)

2つの異なるデザインのアウターを
リバーシブルでミックスする。
これまた最高にクールなアイディアです。

表記Sサイズ。

ちなみに当時グッドイナフのSサイズは
本当に買えませんでした。

残っていてもLばっかり。。
しかもデカいLだから、。
ガリガリだった僕にはデカすぎて。
それでも買ったんですが。。
(商品があるだけで嬉しかった的な)

しかし今見ても全然古くない感じ。
90年代でこのデザインを作っていたグッドイナフは
やっぱりスゴイっすね。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore