2021/5/25

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

00’s City Lights Books ギンズバーグ 「HOWL」 Tシャツ 表記(M)

2000年代~、City Lights BooksのTシャツです。

ボディはヘインズ。
ハイチ製、コットン100%。
ダブルステッチの丸胴です。

ビートニク発祥の地、
City Lights Books。

ポケット・ポエッツ・シリーズとして
シティライツより出版されたアレン・ギンズバーグの代表作
【HOWL】のプリントTシャツです。

定番の商品で現在も作っています。

シンプルでクールなデザインです。

 

80~90’s Polo ラルフローレン インドマドラス スイングトップ 表記(M)

1980~90年代、Poloラルフローレンの
スイングトップです。

シンガポール製。
コットン100%。

インドマドラスのシャツ生地です。

サイズタグの裏にRNが入らないので、
日本のライセンス品と分かります。

というか、
思いっきりオンワード樫山のタグが付いているので、
サイズタグ裏を見る必要はないんですが。。

+++

ちなみに、全く同じデザイン・生地で、
アメリカ規格も存在します。

(参照:https://store.anoluck.com/shopdetail/000000007274)

こちらはサイズタグ裏にRNが入っています。

+++

今回のジャケットに関して言えば、
違うのは【サイズ感】だけです。

日本販売用はアメリカ規格に比べると、
ひとまわり位小さめです。

表記Mサイズ。
165~170cm普通体型の方が
Tシャツの上に着て丁度良い位だと思います。

その他はディテールも全く同じ。
ジッパーの差し込みはUSA仕様の
【左差し】です。

インドマドラス特有のフワッとした生地。

色も最高です。

シャツ感覚で羽織れる、
ライトアウターです。

 

【未使用】 19~20’s GAP 迷彩 ショートパンツ 表記(30) 実寸(32位)

SPR’20 10/19と書いてあるので、
2020年春夏、
つまり去年のGAPです。

ほぼ現行品、むしろアウトレットに行けば
鬼安で売っているのかもしれません。。

ただ、ハッキリ言ってコレを見た時に、
迷彩のショートパンツはもう探す必要がないな、
と思いました。

長年探し求めた迷彩ショーツ。
僕にとってのベストアンサーがこちらです。

生地はコットン×ポリウレタン、
ストレッチ・リップストップ。

ウッドランド迷彩と
ERDL(リーフ)迷彩の中間位の柄です。

くすんだ感じの色味も良いですね。

所々にトリプルステッチを使っています。

ハンドポケットの婉曲具合。
手が入れやすい絶妙の角度です。

補強ステッチ。

裾のトリプルステッチが泣かせます。

これ以上足すことも引くことも出来ない、
完成形だと思います。

こんなにすごいショーツを、
3000~3500円で販売してるGAP。。
これはもう勝てない。

一生履ける。
ま、ちょっとオーバーかな。。
5年は飽きない。

そう思った1本です。

 

90’s USA製 COACH バケツバッグ 「ラフアウト」 毛足長 バーガンディ

1990年代、COACHのバケツバッグです。

”HANDCRAFTED IN THE UNITED STATES”
表記が入るアメリカ製時期の
オールドコーチです。

定番のバケツ型。
ラフアウトタイプです。

元々革質が良い物が多い
ラフアウトタイプですが、
こちらは、前、後ろ、底ともに
完全に当たり革が使われています。

裏面を見ると、
ゴリゴリのシボが確認できます。

極上の革質です。

このシボなら、
毛足の長さも納得です。

ついでにストラップまでシボ入り。

状態もまずまず良好です。

バーガンディカラーのラフアウト、
最高にクールです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore