2021/2/16

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

95’s ティンバーランド マウンテンパーカー エンジ×青緑 表記(M)

1995年、ティンバーランドの
マウンテンパーカーです。

ウェザーギアタグが付く、
オールドティンバー。

タクティカル系の、
ユーティリティデザインです。

ハンドポケットは2重になっており、
内側はジッパー付き。

外側はスッと手が入るように、
使い分けされています。

エンジ×青緑の切り替え。

ベージュ系が多いティンバーでは珍しく、
”派手な”色使いです。

フードは襟に収納可能。

表記Mサイズ。
実寸はユッタリめのL位です。

 

00’s ラルフローレン BDシャツ クレイジーパターン オックスフォード 表記(XL) 実寸(ML位)

2000年代、ラルフローレンの
ボタンダウンシャツです。

ポロラルフローレン(株)の
日本規格・販売用です。

”ラルフローレン”(メンズシャツライン)ですが、
胸ポケット付きです。

裾サイドにマチ。

背中にループ、
襟は3点留め。

クラシックなディテールです。

サイズ表記はXLですが、
日本規格という事もあり小さめです。

90年代のUS規格ではS~M表記相当。

実寸はM~L位です。
175cm前後普通体型の方で丁度良い位だと思います。

 

90’s トミーヒルフィガー デニムカバーオール 表記(M)

1990年代、トミーヒルフィガーの
カバーオールです。

マカオ製。
表地はコットン100%、
10オンス位のデニム生地。

裏地はコットンシャンブレーです。

トミー渾身の一撃、
とでも言いましょうか。

ポップでティーンでオモチャのようなデザインが得意だった、
90年代のトミーの中では異色の存在だと思います。

クラシックなカバーオールをベースに、
都会(90年代)のフレーバーを加味した、
オリジナリティのあるデザインです。

最大の特徴はポケット。

本来なら胸部分に配置するはずのポケットを、
下のポケットに寄せ集め、
上部に空間を演出。

だるま落としの最終形態のように、
(くしゃおじさんでも良いけど)
中間を省いたデザインです。

フロントはジッパー+ボタン。

この辺はカルバンのカバーオールでも
似たような仕様が見受けられます。

アタリを出される事を拒むような、
あっさりした明るめのブルーデニム。

味など出すな、
オシャレする時だけ着てくれ。
とでも言わんばかりのデニムです。

ワークウェアの延長でありながら、
完全に90年代を印象付けています。

サイズはL位。

袖をまくってチラッと見える裏地のチェック。

最近見た中では、
一番グッときたカバーオールです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore