2021/1/6

 

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

90~00’s USA製 Polo ラルフローレン 初期”アンドリューパンツ” 太畝コーズ 表記(32×30)

1990~2000年代頭位、
Poloラルフローレンのコーデュロイパンツです。

2タックのワイドなシルエット。
モデル名は、
”アンドリューパンツ”。

定番ですね。

アメリカ生産なので、初期モデルだと思います。

ポロコーズタグ。

太畝のコーデュロイ生地です。

ユッタリした2タック。

表記32×30。
実寸も表記通りですが、
股上が深いので腰の位置によっては、
レングスが実寸より長く感じると思います。

 

70’s B.B.Brand デニムウェスタンシャツ 実寸(M~L位)

1970年代位と思われる、
B.B.Brandのデニムシャツです。

タグがカスレていますが、
アメリカ製だと思います。

縦落ちした良いデニム生地です。

ボタンはグリッパー・スコービル。

襟芯入り。

かなり着込まれて、
雰囲気抜群なんですが、
そのかわりダメージも多数あります。。

特に襟。
リペアされていますが、下手です。

ウェスタンデザインですが、
裾のラウンドが浅く、
合わせやすいシルエットです。

実寸でM~L位。
175cm前後普通体型の方が、
薄手のジップパーカーの上に
丁度良い感じで羽織れるサイズです。

 

40~50’s U.S.NAVY N-1 デッキジャケット 襟ムートンカスタム 実寸(38位) ※ジャンク

1940~50年代、U.S.NAVYの
N-1デッキジャケットです。

ラベルが欠損していますが、
官給品で間違いありません。

たまに見かける襟ムートンカスタムです。

上級士官用などいう噂もありますが、
真偽のほどは分かりません。

個人的には襟のボアが抜けて、
リペアする際にアルパカが無かったので、
他のジャケットからムートン襟を移植しただけ、
だと思います。

で、。その移植が下手です。。

ついでにムートンが硬化して、
縮み、歪み、
強く曲げると割れそうです。

つまり着心地が最悪。。

襟を縫う際に、
脇から開けたのか、
脇繰りのステッチが違います。

さらに。、
その縫製が下手で、
なんだか脇が窮屈です。

こういうのをきっと、
”余計な事をしてくれたな”、
って言うんでしょうね。。

いっそ襟を外して、
丸首にしようかと思いましたが、
下手にいじってさらに悪くなるのが怖いので、
ロープライスでのご紹介と相成りました。

ちなみにジッパーはちゃんと動きます。

袖リブは死亡。

ボディ部分のアルパカに、
目立つ抜けはありません。

裾紐あり。
これ結構ポイント高めです。
むしろこの紐だけ欲しい。。

汚れ多数。

実寸は38位です。

これをベースにカスタムできる方には、
お買い得だと思います。

7800円+Taxです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore