日別アーカイブ: 2019/09/18

2019/9/18

 

本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90’s Polo ラルフローレン Gジャン チョアJKT 表記(L) ボーイズ

1990年代、PoloラルフローレンのGジャンです。

紺タグ。
表記は”L”としか書いてありませんが、
ボーイズモデルです。

分かりやすい特徴は、
胸ポケットの大きさです。

メンズと比べると一回り小さめです。

左がメンズ、右がボーイズ。

アームホールもやや細く、
身幅もシュッとしています。

とは言え、アメリカ規格なので実寸は大きく、
L表記ですが、大人のS~M位あります。

170cm前後、普通体型の方で丁度良い位だと思います。

 

80~90’s 白タグ Polo ラルフローレン Gジャン チョアJKT 表記(XL) ボーイズ

同じくボーイズモデルのショート丈チョアJKT(Gジャン)です。

こちらは白タグなのでちょっと古めです。

胸ポケットが小さいので、ボーイズです。

XL表記で、
実寸はメンズのXL位。

分かりにくい表現ですが、
ちなみにメンズのXL表記の実寸はXXL~位です。

175~180cmの方で袖丈はやや長め。
着丈と身幅は丁度良い位だと思います。

 

80’s 白タグ USA製 Polo ラルフローレン Gジャン チョアJKT 表記(L)

そしてこちらがメンズモデル。

白タグ、USA製、
チョアJKTの中では”一番良いやつ”です。(RRLは置いておいて)

表記Lですが、
実寸はXL~XXL位です。

175~180cmの方でダボダボ、袖丈は長めです。
身幅も広く、アームも太め。
ただこのシルエットが好きというPolo好きは多いと思います。

オシャレに着るならボーイズが良いと思います。
こういうカルチャーを踏まえて、
チョアJKTを楽しむならメンズをおススメします。

欲を言えば気分に合わせて、2種類持っているのがベストです。

ちなみに、メンズモデルにもちょっとした違いがありまして、
”胸ポケットとハンドポケットの距離”に注目して下さい。

通常タイプのチョアジャケットはこんな感じです。

本日掲載したタイプは、
胸ポケットとハンドポケットの間に隙間があります。
(肩から胸ポケット上までの距離は同じ長さです)

ポケットの間に隙間がある=着丈が長い、
という事です。

おそらく日本人向きなのは後者です。

しかし”ショート丈”チョアJKTと言っているのに、
ロング丈が存在する所が面白いですね。

呼び方としては、”ショート丈チョアジャケットロング”でしょうか。

 

90’s 旧3つ星タグ RRL ミリタリースモック リップストップ ベージュ 表記(M)

1990年代、RRLのミリタリースモックです。

旧3つ星タグ。
縫製はマカオですが、
生地はイタリアと日本から輸入したものです。

表地はリップストップ。
裏地は目の詰まった滑りの良いコットンです。

レースアップフロント。

風防付きです。

胸に3連ポケット、
サイドにハンドポケット、
背中裾にポケット×2つ。

表記Mサイズですが、
実寸はユッタリめXL~位。

175~180cmの方でも大きく感じると思います。

モッズコート的に扱って頂くと許せるサイズ感です。

全体的に脱色痕が目立ち、状態はジャンクですが、
着用は可能です。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore