日別アーカイブ: 2019/09/03

2019/9/3

 

本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

96’s U.S.ARMY Golden MFG. Co., INC.社製 BDUパンツ ウッドランド迷彩 表記(S-S)

1996年会計、U.S.ARMYの
BDUパンツです。

SP0表記の入る官給品。
コントラクターはTerry MFG. Co., INC.社、
マニュファクチャーはGolden MFG. Co., INC.社です。

50×50のノンリップのツイル生地。
ウッドランド迷彩柄。

表記Small-Short。
裾の紐を絞って、シルエットに丸みを出すと、
オシャレだと思います。

 

00’s ギルダンボディ YOUTH OF TODAY スウェットパーカー 黒 表記(XL)

2000年代、YOUTH OF TODAYの
スウェットパーカーです。

ギルダンボディ。
50/50、裏起毛(フリース)タイプ。

背中はPositive Outlookのフォトプリント。

白、グレー、黒の3色。

表記XL。
ユッタリした太めのシルエットです。

 

オシュコシュのデニムカバーオール、
90年代と、40~50年代のディテールを比較してみたいと思います。

 

まずタグは90年代が帯、
40~50年代は紙タグ?が取れています。

ここからは左が90年代で、右が40~50年代です。

襟のステッチ。
古い方がダブル。

ボタンはどちらも首振りですが、
古い方が大きめです。

右胸ポケットは5角形と長方形。
胸タグは60年代位から付きます。

左胸ポケットは
60年代くらいから簡略化されます。

下のポケットはサイズも形もほぼ同じ。

カフス。
90年代は隠しスナップボタン。
古い方は掛けボタンが1つ。
もっと古いと2つ。

背中。
90年代はハギなしの1枚生地。
こちらの方が贅沢な生地採りです。(生地幅の関係もありますが)

袖も古い方はハギ入りですが、
90年代は筒袖です。

ステッチは90年代の方が頑丈な
トリプルステッチ。

つまり、ただ簡素化したわけではなく、
必要な所はしっかりアップデートしながら、
進化してきたことが分かります。

古けりゃ良いというわけではない所が魅力ですね。

もちろん、生地感やボタンの大きさなど、
ビンテージ特有のレトロ感は見ていてとても楽しいです。

どちらが良いという比較ではなく、
どちらにも良さがあるという比較でした。

 

ちなみに、オシュコシュは
2005年にカーターズに買収され、
生産ラインがメキシコやホンジュラスに移り、
現在は子供服しか製造していません。

という事は90年代でさえも
USA製で”大人サイズ”のカバーオールは、
これからちょっとレアになるかもしれませんね。。

90’s USA製 オシュコシュ デニム カバーオール 濃紺 表記(38R)

 

40~50’s ビンテージ オシュコシュ デニム カバーオール 実寸(XL位)

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore