日別アーカイブ: 2018/09/01

2018/9/1

+++

パタゴニアの代名詞にして、一時代を築いた名作と言えば

【DASパーカ】です。

(参照:https://www.patagonia.jp/ms-das-parka/84102.html)

 

しかし惜しまれつつも2017年にカタログからその名前が消えます。

そしてダスパーカの後継として登場したと思われたのが、

【ハイパー・パフ・フーディ】でした。

(参照:https://www.patagonia.jp/mens-hyper-puff-hoody/84390.html)

 

ロスタイムがアディショナルタイムになり、

シンクロ(水泳の)がアーティスティックスイミングになるように、

いつのまにか名称がオシャレに変わることがあります。

DAS”パーカ”もまた、

”フーディ”へと呼称が変わったわけです。

+

しか~し、

実は【ハイパー・パフ・フーディ】が発売された2017年秋、

そのちょっと前のわずか一瞬、

【ハイパー・パフ・パーカ】というものがラインナップされていた事をご存知でしょうか。

それがこちらです。

そうなんです、。

パッと見た感じ”フーディ”と”パーカ”の違いは全く分かりません。

ではどこが違うか。

それはフロントのジッパーです。

●【フーディ】はシングルスライダー

●【パーカ】はダブルスライダー

そして、発売当時の価格は

【フーディ】が300ドル→日本では41000円だったのに対し、

【パーカ】は400ドル→日本で47000円位でした。

++

つまり厳密に言えば、

長年続いたDASパーカの最終モデルがこの

【ハイパー・パフ・パーカ】という事になるわけです。

++

しかしさすがにこの2モデルの差異が、あまりに分かりにくい事を危惧したのか、

ハイパー・パフ・パーカはほんの一瞬でHPから姿を消し、

店頭にも並ばなかったようです。(一部店舗を除き)

+

DASパーカの終焉はまさしく幻でした。

+

さて、話は突然変わりますが、

9/8(土)、中野君のお店dojoeが3周年を迎えます。

https://www.instagram.com/dojoe_tokyo/

みなまで言うと、色々と大変なので、

サクッと宣伝させて頂きます。

僕が8月にhammockの販売をお休みした理由と、

先ほどのハイパー・パフ・パーカのくだりは、

この写真の中に答えがあります。

+

ちなみに中野君のお店の3周年記念用なので、

僕のサイトでの販売はありません。。申し訳ありません。

怒涛の7~8月が終わり、

やっと平常運行に戻れそうです。

+++

 

 

Jay & The Americansの”This Magic Moment”。

ドリフターズバージョンも好きですが。

 

FLAGSTUFF×コンバース。

http://converse.co.jp/news/22011/

 

内股ダブル。

 

線の太さ。

 

ピカ。

 

デカい。

 

バウハウス。

 

トンボ。

 

パターン。

 

星が髑髏。

 

 

ベルベットアンダーグラウンド。

バナナの皮がむけるタイプ。

 

カリオストロの城。

 

N-1。

 

この緑色は良いな。

https://sneakernews.com/2018/08/31/nike-kyrie-4-green-lobster-how-to-buy/

 

たぶん。

 

Mattias Adolfsson。