日別アーカイブ: 2018/08/24

2018/8/24

エンドレス・サマー。

ラフスケッチが残っているところがスゴイ。

 

Polo ラルフローレン。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90’s USA製 旧3つ星タグ RRL ジージャン ボロのXL

1990年代、RRLのジージャンです。

相変わらず安定して人気のない、

ショート丈のカバーオールスタイルです。

ちょっと探せば大量にあるのに、

着ている人を全く見ません。

(僕が住んでいるところが田舎だから、という事だけではないでしょう。。)

確かに見た目も、着た時のバランスも、カッコ良くありません。

しかし、

カッコイイものを着て、恰好を付けるのは、

なんとか戦隊、ほにゃららライダーの仕事です。

子供にはウケますが、それだけで、すぐに飽きます。

XLサイズのズタボロ。

サイズも状態もダメ。

”これだから良いんだよ”と言ってくれる数寄者の登場を待つしかありません。

 

90’s Polo ラルフローレン コットンニットカーディガン 紺 表記(L)

続きまして、Poloラルフローレンのカーディガンです。

あまりにクラシック過ぎて、もはや個性がなく、透明に近い感じ。

都市迷彩とはまさにこの事ですね。

なので、どこかで差を付けたいところです。

ポイントは”ホンコン製”。

つまりアメリカ規格・販売用という事です。

ナイガイや樫山、インパクト21が悪いというわけではありませんが、

日本規格だとサイズ感、シルエットが日本人向きに改良されているので、

なんとなく小さくまとまっています。

こちらはビロンビロンのダルンダルンです。

小麦色の肌、

白いワイシャツに、

ルーズソックスと、

ローファーがハマりそうです。

 

 

L.L.Bean ダブルエル コンフォート・ウエスト イージーデニム 表記(33×29)

L.L.Beanのジーパンです。

すぐに目が行く、腰のゴム。

モデル名は”オッサン・デニム”。

もとい、

”コンフォート・ウエスト”。

少し位太っても普通に履けます。

ちなみに現在も売っていますが、

さすがにこのウエストのゴムが物議を醸したのか、

若干改良が加わり、表からゴムが見えにくいようになっています。

その名も、”ヒドゥン・コンフォート”。

そのままじゃん。。

(参照:http://www.llbean.co.jp/shop/g/g0GGS634290/)

しかし、これは残念。

このゴムの色落ち加減がダサくて良いのに。

ちなみに、僕も最近デニムと言えば、

このゴムデニムと、ティンバークリークしか履いていません。

楽なんで。。

 

70~80’s USA製 エディバウアー(ウールリッチOEM) ウールアノラック 表記(M)

1970~80年代、エディバウアーのアノラックフーディです。

アメリカ製、ウール×ナイロン。

WPLナンバーが【6635】なので、

ウールリッチのOEM生産品だと分かります。

この年代の、それもエディバウアー名義としては

ちょっと珍しいウール素材のアノラックスタイル。

色はモカ茶。

表記Mサイズ。

秋~冬、コーディネートの主役になれるアウターだと思います。

 

よろしくお願いいたします。

OnlineStore

 

 

 

 

バッドブレイン。

 

Thousands Hands。

 

ビリーホリデー。

手書きっぽい文字が良い。

 

交通安全。

 

アトリエ。

 

スターウォーズ。

1977年8月。

 

河鍋暁斎、”暁斎百鬼画談”。

色がキレイ。

 

16。

https://www.instagram.com/p/Bmy3E8KHwpG/

うーむ。

 

タンタン。

 

可愛い。