日別アーカイブ: 2018/08/14

2018/8/14

 

久しぶりの、アノラックOnlineStoreは、

こちらから。

80’s USA製 白タグ Polo ラルフローレン デニム カバーオール 表記(S)

昨年あたりからジワジワとウェーブがきている、(僕の中で)

ラルフローレンのデニムシリーズ。

Gジャンはそろそろ全レーベルが揃いそうです。

で、並べて比べるとやっぱり作りが良いのはこの白タグ時期です。(あとRRL)

定番の左右非対称ポケットですが、

ショート丈のGジャンタイプではなく、こちらはカバーオールスタイル。

上部だけ見るとGジャンと区別がつきませんね。

ショート丈は、

アクションプリーツがガバッと開くダサさ加減が人気ですが、(僕に)

こちらはアクションプリーツがやや控えめ。

なんとも言えない中途半端な青色。

しかしこれこそ都会的だと思います。

ヒゲやハチノスのような本格的なアタリは、80年代においてはただの”着用痕”です。

それが味として評価され、

ビンテージ加工などというマジックが発明されるのはもう少し後。

濃紺では気恥ずかしく、ヨレヨレではデートに行けません。

この50%位に色を落としたブルーは、まさに都会色のデニムだった、と推測されます。

50%のブルー=半分、青い。

というオチで。

 

80’s USA製 LE TIGRE インディゴニット ケミカルウォッシュ 表記(M)

1980年代、LE TIGREのインディゴニットです。

アメリカ製、コットン100%。

シンプルなリブ編み。

表面をケミカルウォッシュ加工しています。

内側は濃いまま。

ダラダラっと伸びる、

だらしないシルエットが良い感じです。

 

93’s 雪なしタグ パタゴニア 長袖シャツ 赤紫×紫×緑 表記(M)

1993年、パタゴニアの長袖シャツです。

コスタリカ製、コットン100%。

雪なしタグです。

生地の柄、色、

やっぱり雪なし時期は一味違いますね。

赤紫、紫、緑、白。

まるで毒のあるトカゲみたいな色使い。

ポケットは柄をしっかり合わせ、

サイドにピスネーム付き。

蛍光色のスナップTのインナーに合わせると、

激ヤバだと思います。

 

これとか。

(参照:http://store.anoluck.com/shopdetail/000000004747)

 

90’s 旧3つ星タグ RRL サマーフライトジャケット 表記(L)

1990年代、RRLのサマーフライトJKTです。

旧3つ星タグ時期。

ポルトガル製なので、最初期ではないですね。

米軍のサマーフライトJKTをベースにした、

ライトアウターです。

コットンポプリン生地。

復刻メーカーのような”完全復刻”的なモチベーションではなく、

ビンテージのディテールを程よく抽出し、

普段着として使いやすくアレンジするのがRRL。

なのでジッパーは全く拘りのないYKK。(でもUSA規格)

タロンとかコンマーを使わない潔さ。

表記Lサイズ。

ユッタリめの作りで着用感はXL位です。

全体的に汚れが目立ち、状態があまり良くないので、

若干サービスプライスだと思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

+++

実はまだ激務が続いておりまして、

もう少し掲載がランダムになると思います。

ご了承のほどお願い致します。

+++