日別アーカイブ: 2018/06/04

2018/6/4

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90’s ラルフローレン デニム BDシャツ 表記(M)

ラルフローレンの定番、デニムシャツです。

モデル名は”BLAIRE”。

ウォッシュ加工された明るいブルーデニムに、

赤ポニーが映えます。

着込まれた感じがまた良いですね。

表記Mサイズ。

アメリカ規格ですがそんなに特大のMではなく、むしろ日本人好みのMです。

裾のラウンドが浅く、シルエットもキレイです。

 

90’s ティンバーランド チノクロス カーゴショーツ 表記(33)

ティンバーランドのカーゴショーツです。

ウェザーギアタグ。

コットン100%、目の細かいツイル織り、

滑らかさを感じる上質なチノクロスです。

ポケットの内側はヘリンボーン生地。

この辺の生地センスが、ファストファッションブランドとはちょっと違う所。

ワイドなバギーシルエット。

デニムシャツや無地のポケTと相性抜群です。

 

92’s フルーツボディ デュアン・マイケルズ(写真家) フォトTシャツ 表記(XL)

1990年代、デュアン・マイケルズのフォトTシャツです。

フルーツオブザルームボディ。

アメリカ製、コットン100%、シングルステッチの丸胴です。

こちらは92年の個展Tシャツだと思います。

 

デュアン・マイケルズの作品を数点。

まずはルネ・マグリットの肖像写真。

マグリットの手法をミックスした、多重露出(3回)で撮影されています。

 

アンディウォーホルのポートレートや、

Policeのアルバムジャケットも彼の作品です。

 

さて、このフォトプリント。

黒ボディに、

まず黒ベタを敷いています。

ほとんど見えないけど、重要です。

写真はドット分解ではなく、ディザ処理。

版下を作る経験値、

スクリーンのメッシュ数、

プリンターの技術を必要とする高度なテクニックです。

さすが写真家が作るフォトTはアイディアが豊富ですね。

ブルースウェーバーのような金塊Tシャツではありませんが、

負けず劣らずクールなフォトTです。

 

90’s Polo ラルフローレン デニムワークシャツ 表記(M)

こちらは”Polo”ラルフローレンのデニムワークシャツです。

左右非対称ポケットが特徴。

トリプルステッチや打ち抜きボタンなど、

ワークテイストをサッパリとミックスしています。

ハードに着込まれて状態はジャンク。

しかし、ラルフローレンのビンテージ加工物に比べれば

特別違和感はありません。

むしろリアルなダメージがクールだと思います。

 

90’s 雪なし パタゴニア 太畝コーデュロイ イージーショーツ 深緑 表記(M)

1990年代、パタゴニアのイージーショーツです。

雪なしタグ。

コットン100%、太畝のコーデュロイ生地です。

ウエストはゴム。

2タック入りのワイドシルエット。

色は深緑。

もう説明の必要はありませんね。。

最高にクールです。

ダメ押しの”P”刻印ボタン。。

完璧です。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore