日別アーカイブ: 2018/05/13

2018/5/13

Wayne Thiebaud。

”9つのリンゴ飴”。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

80’s USA製 トリコタグ チャンピオン 7分丈フットT 46’ers フェード赤 表記(L)

5月は、7分丈のフットボールが丁度良い気候です。

80年代、チャンピオン。

トリコタグ、アメリカ製、コットン100%。

7分丈の中でも、特に人気の高いNFL物です。

個人的にはナンバリングよりもコッチが断然好きです。

しかも、サンフランシスコ46’ers。

状態が悪いと言えばそれまでですが、

このカスれ具合、

フェードした赤の雰囲気がたまらなくクールです。

表記Lサイズ。

サイズバランスも申し分ありません。

カットオフデニムに、間違いなくハマります。

 

【ブートでした】 96-97’s アンダーカバー ワイヤー期 星 Tシャツ サンドベージュ 実寸(S~M位)

掲載途中で気が付いたので、出さない事にしようかとも思ったのですが、

後年の研究のために残しておくことにしました。。

残念ながらブートです。。

背中のアンダーカバーのロゴが、

”under cover”ではなく、

”under co【d】er”になっています。

偽物業者がめんどくさがって、”der”をC&Vしたんですね。。

あるいはワザとなのか。。

海賊版、ブートやバッタもん、

笑えないパロディに価値はありません。

というわけで、0円です。

個人的感情としてはマイナス5000円です。

 

06’s パタゴニア リズム コーデュロイ バギーショーツ 濃いムラサキ 表記(32)

2006年、パタゴニアのコーデュロイショーツです。

惜しまれながらも終了したリズムライン。

名作揃いです。

太畝と細畝が混ざったコーデュロイ生地。

ポケットのデザインが特徴的です。

何と言ってもこの色。

深めの紫。

葡萄色。

最高にクールですね。。

 

90’s チャンピオン ”OREGON” Tシャツ 緑×黄 実寸(XXL位) 特大

1990年代、チャンピオンのカレッジTシャツです。

タグがカットされていますが、

トリコタグが付いていたと思います。

なので、アメリカ製、コットン100%です。

袖にC入りです。

緑ボディに黄色で”OREGON”。

シンプルゆえの迫力です。

バスケ好き、NIKE好きにはたまりませんね。

サイズが巨大で、

肩幅60cm、袖丈26cm、

そして身幅は65cmもあります。

表記はXXLか、XXXL位でしょうか。。

その割に、着丈は短め。

いわゆる今旬のワイドシルエットです。

タックイン用にも最適。

このサイズ感、チャンピオンのオールドで、

しかもオレゴンもの。

マジでないです。。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

10年ぶり位にDCシューズを買いました。

http://www.dcshoes.com/heritage-collection/

DW1。

1994年、Danny Wayのファーストモデル。

 

Joan Brown。

 

スパイダーウェブ。

 

テンタクルのドン・プロフェッサーK。

 

ライトパープル。

 

Paul Binnie。

”Keitai Denwa”

 

チャイナ服。

 

チェリーレッド。

 

ディラン。

 

生地。

 

RRL。

 

Albert Marquet。

 

オシャレ画像。

 

 

昭和のお祭り風船。

薄らとミッキー型の記憶がありますが、

鉢巻きタイプが主流だったような気がします。

その後UFO風船が登場。

で、そのUFO風船、

次の日学校から帰ってくる頃には畳スレスレを力なく移動し、

3日目にはあえなくゴミ箱行きという切ない運命でした。

最近の風船は3週間位ピンピンしていて、それはそれで邪魔ですけどね。。

UFOみたいに派手な物は分かりやすくて良いですが、

ハッカパイプやカルメ焼きを忘れていはいけません。

というわけで、

この曲を思い出しました。

”Will you still love me tomorrow”

明日もUFOは浮いているかしら。