日別アーカイブ: 2018/03/09

2018/3/9

ブランケット。

 

ゲルハルトリヒター。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90’s メキシコ製 トミージーンズ デニムバギーショーツ 表記(W34)

1990年代、トミージーンズのデニムショーツです。

メキシコ製。

ルーズなシルエットのバギーショーツです。

アイスブルーデニム。

ロゴ刺繍やボタンホールの緑など、

チラッと見えるとオシャレですね。

 

90’s イタリア製 ロカビリー風カーディガンJKT ピンク×黒 表記(M)

1990年代、MessoriのカーディガンJKTです。

イタリア製。

素材はMODAL×ナイロン。

MODAL。。あまり見かけない素材ですね。。

調べてみると、原料はレーヨンと同じで、

レーヨンの劣性を改良したのがモダールだそうです。

水に強く、シワになりにくく洗濯が簡単。

シルクのような輝きと吸水性を併せ持つ。

なんてどっかに書いてありました。

しかーし。

なんと裏地はレーヨン。

マジか、。

こういうおっちょこちょいな感じが好きです。

じゃあ、表地もレーヨンで良いじゃん。。

さすがイタリア人ですね。

デザインは極めてダサメ。

全盛期のチャゲが好みそうな感じです。

救いは肩パットがないところ。

ひらすら前向きに、ポジティブに捉えれば、

クールです。

 

80~90’s USA製 カーハート ダブルニー ダックショーツ カットオフ 表記(W33)

1980~90年代、カーハートのダックショーツです。

アメリカ製。

星印入りの品質タグ。

ダブルニーのオリジナルショートレングスは、

探すのが本当に大変です。。

こちらはカットオフですが、

これはこれで良い感じですね。

元はロングなので、

ワタリ幅はショーツにしては若干細め。

 

ちなみに、こちらがオリジナルのショート丈ダブルニーです。

ウェストサイズは同じ位ですが、ワタリ幅で3cmほど太めです。

(参照:http://store.anoluck.com/shopdetail/000000003978)

 

90’s USA製 オシュコシュ デニム カバーオール 表記(38R)

1990年代、オシュコシュのデニムカバーオールです。

アメリカ製。

10オンス位、軽めのデニム生地です。

アメリカ屋とか、ちょっと大きめのスーパーの2階的な所で

いつもセールになっていたようなイメージがあります。

見るからにチープで、雑で、

良い所を探すのが大変。。

いくら着込んでも良い色落ちをする気配がありません。

ま、ワークウェアですからね。。

 

これがこの時代のリアルだったという事で。

僕は好きです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

海外はもう出たんですね。。

https://sneakernews.com/2018/03/07/nike-lebron-15-mowabb-release-info/

履いてるし。

 

MA-1。

 

Tulip Fever。

http://www.sankeyguitars.com/tulip-fever

 

YMO。

 

タイガー迷彩。

 

スプリンクル。

 

バスキア。

 

Daniela Astone。

Self-portrait ,2013。

 

ボウイ。

 

ニューオリンズ。

 

直角飲み。

 

++

ほぼ毎晩NHKラジオ深夜便を聞いています。

田舎の深夜はテレビもラジオも番組が少なく選びようがないので、

夜の仕事のBGMとしては必然的な部分もありますが。

最近は青春アドベンチャーにまで手を伸ばしたり。。

+

で、楽しみにしているのが、歌人・穂村弘さんの出演回。

昨晩も一人、こっそりと笑いました。

忘れないうちに、メモっておきます。

+

岡本かの子 (岡本太郎の母)

”力など望まで弱く美しく生まれしままの男にてあれ” 1912年

強くたくましく、が当たり前の時代に、

そのままでいいよ、という。 さすが太郎の母。

若干、ブルゾン的なヴィジュアルはこの際置いておきましょう。

+

窪田空穂(くぼたうつぼ)

”四月七日午後の日広くまぶしかりゆれゆく如くゆれくる如し”

この歌は死ぬ4日前、89歳の4/8に作ったそうです。

光の中で生と死の境界線が揺れながら交差する春。

果たして自分は死の直前にこんなに穏やかに世界を見る事が出来るだろうか、

なんて思ったり。