日別アーカイブ: 2018/01/29

2018/1/29

Marques’ Almeida。

https://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2018-ready-to-wear/marques-almeida/slideshow/collection#13

スウェーデン軍のアレをデニムで、。

 

Joke Robaard。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

80’s 初期 コムデギャルソン・オム・プリュス 4ボタン 厚手ウールJKT 濃紺 表記(S)

1980年代、コムデギャルソン・オム・プリュスのテーラードジャケットです。

AD表記が入る前。

80~86年位の商品だと思います。

小ぶりの襟、4つボタンフロントからは

モッズスタイルを連想させますが、

角ばった肩、ボックスシルエットは学生服のよう。

相まって、違和感たっぷりのプリュススタイルの完成です。

厚手のウール生地で、アウター的に着用できると思います。

Sサイズですが大きめ、でも袖丈は短め。

170~175cm位の方がダボッと着る感じです。

 

90~00’s カルバンクライン・ジーンズ ライトブルーデニム 表記(34×30)

1990~2000年代、カルバンクライン・ジーンズのデニムパンツです。

ライトブルーデニムを流行らせた、

カルバンクラインの金字塔。

極太のストレートシルエットです。

ポケットのタグも良いですね。

Poloやトミーと相性が良いのは言うまでもありませんが、

ここはやっぱり、白無地のポケTをタックインで。

 

80’s アディダス レザーブルゾン 灰紺×グレー×赤 表記(XL)

1980年代、アディダスのレザーブルゾンです。

当時のレザーアウターの中で、この形が一番好きです。

特徴はサイドのアジャスターベルト。

これがまったくアジャスターベルトの機能を果たさず、

ダランと垂れます。

しかし、その垂れた感じが最高にクールです。

色はボディが灰紺、袖がグレー×赤。

サイズがXLというのも嬉しいところ。

コッチ系好きにはきっとゴールデンサイズのはずです。

色褪せが目立ちますが、レザーメンテナンスが得意な方でしたら、

キレイに修繕できると思います。

 

80~90’s デサント アディダス スノボプルオーバー オフホワイト×黒 表記(L)

1980~90年代、アディダスのプルオーバーフーディです。

デサントライセンスの国内正規品。

オフホワイト×黒の切り替え。

ステッチカラーを逆にするところに時代を感じます。

袖、フロントに3本線。

裾にオーバルロゴ。

アディダスのアイコンをテンコ盛り。

背中はアスファルトっぽいクラックデザインのトレフォイル。

表記Lサイズ。

実寸はXL位。

長めの着丈といい、モッズコートっぽく羽織れると思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

2/3。良いっすね。。

https://www.nike.com/ca/en_gb/launch/c/2018-01/air-jordan-ix-retro-city-of-flight

AJ3も2月なんだよなぁ。。

う~む。

 

Horizons West Surf Shop。

 

Oyster magazine。

 

リーバイスのAD。

日焼け加工。

 

マイティマック。

おぉ、。フックはこれが付くのか。。

 

ウールリッチ。

アークティック。

 

ホルバー。

 

パタゴニア。

 

 

白。