日別アーカイブ: 2018/01/18

2018/1/18

Blondey McCoyのバスタオル。

https://houseofvoltaire.org/collections/accessories/products/blondeymccoy

 

ハチミツ。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90~00’s グッドイナフ スウェードブルゾン 丸ポケット ベージュ 表記(M)

グッドイナフのスウェードブルゾンです。

牛革のスウェード素材。

GEのレザーアイテムの中でも特に人気が高かった、

丸ポケットデザインです。

CWU-45PとトラッカーJKTをミックスしたようなデザインです。

表記Mサイズ。

使用感が目立ち、状態はあまり良くありませんが、

しっかり着込まれているので、革が柔らかく着心地は良いと思います。

 

80~90’s 初期 MILKBOY チャック×黒 フリンジ付きシャツジャケット 実寸(S位)

1980~90年代、MILKBOYのシャツジャケットです。

日本製。

アクリル100%、フェルト~フリースっぽい生地です。

フロントジッパー、肩にフリンジ、

袖と胸を黒いポケットで切り替えしたデザインです。

チープな素材、適当な縫製、。

オカダヤで買った生地で作った学生の課題服にも見えますが、

その、”ちょっと頑張ったらできるかもしれない”

という間口の広さが、

後の裏原系に大きな影響を与えたのかもしれません。

アークテリクスなんて、自分で作れる気がしませんからね、。

アクリル特有の激しい毛玉もまた、

パンク服らしくてアリだと思います。

 

Levi’s 501CT ローライズ スキニー 実寸(31×24.5)

Levi’sの501CTです。

501のカスタムテーパードライン、501CT。

なんですが、。

こちらは当初のコンセプトから随分かけ離れて、

ローライズのスキニーシルエット、くるぶし丈上。。

もはやCTどころか、501の面影すら皆無です。。

なので、型番は無視して下さい。

表記サイズは26×32。

これまた全くあてになりません。

実寸は31×24.5位あります。。

おそらく普段26×32を選ぶ女性向け、という意味だと思います。

というわけで、ローライズが苦手でなければ、

男性でも普通に履けます。

むしろ、すごく良いシルエットです。

モッズコートにも合いそうですね。

 

スコットランド製 SNOWGOOSE ダック×ナイロン リバーシブルJKT 表記(M)

1990~2000年代と思われる、SNOWGOOSEのリバーシブルJKTです。

スコットランド製。

表はコットンダック、裏はナイロン。

ポリエステルの中綿は薄めです。

裏面はブラック。

若干Snugpakっぽさがありますね。(関係があるのかな?)

ミニマルなデザインは、いかにもイギリスのブランド。

胸ロゴもさりげなく、小さめです。

表記Mサイズですが、大きめの作りで

実寸はL~XL位。

うーむ、。ぶっちゃけめちゃくちゃ良いです。

欲しい。。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

アガサ・クリスティを読んでるんですな。

 

2018スプリング。

https://www.sneakerfiles.com/air-jordan-spring-2018-release-date/

 

あっ!

 

ポンチョ。

 

ツイード。

 

細野さん。

 

クラプトンのギルド。

 

オシャレ。

https://highwatersinhell.wordpress.com/tag/mens-clothing/

 

カヌー。

 

 

いつだったか忘れてしまいましたが、東京に住んでいた頃、

高円寺からの帰り道、迷いまして、

”阿佐ヶ谷住宅”に出ました。

周りの家並みと比べると異質で、どこかアメリカっぽいような、

不思議な場所でした。

迷っていたせいかもしれませんが、

その時は、”ちょっと怖いなぁ”と思いました。

再開発のため今はもうないようです。

*

と、先日こんな本が発売されました。

”さよなら、おばけ団地” -藤重ヒカル、浜野史子

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=5580

 

舞台はその阿佐ヶ谷住宅。

藤重ヒカルさんのエッセイを読んでいたら、

もしかしたら僕が出くわした時はもうすでに、立ち退きが始まっていた頃だったのかな、

と思った次第です。

あの時の”怖さ”をこの本が中和してくれそうな期待がします。

っーわけで、買うしかないですね。

++

ちなみに、同じ福音館書店から出ている、

”こんなおみせ しってる?”

は、我が家の愛読書です。

https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1284