日別アーカイブ: 2017/12/22

2017/12/22

メッセンジャー。

http://stephos-photos-blog.tumblr.com/post/161858016022/womens-march-in-dtla-2017

 

91-Bかな?

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

70’s ウールコート 多色ネップツイード 実寸(38位)

1970年代位と思われる、ビンテージコートです。

ブランドタグはなく、

生地のタグが付いています。

James Scott and Sonsとあるので、イギリス製ではないかと思います。

ツイードっぽい織り方ですが、

いわゆるツイード程厚くありません。

しっかりした固めの生地ですが真冬用ではない感じです。

グレーベースの多色のネップ入り。

シングルフロントのシンプルなデザインです。

襟の小ささが良いですね。

ポケット口に生地の”耳”を使っています。

こういうの嬉しいポイントです。。

パンクスやスキンズが着てそうな、

クールなコートです。

 

90’s フランス製 A.P.C. オイルドコットン プルオーバーJKT 茶 表記(1) 実寸(S~M位)

こちらも2回目の登場。

A.P.C.のオイルドプルオーバーです。

フランス製。

元は黒だと思いますが、

オイルが抜けて茶色になっています。

オイルドでしかもプルオーバー、。

苦手な人は絶対着ませんね、。

ただ、僕のサイトを見て頂けている方にはきっとツボのはず。。

 

91’s パタゴニア ナイロンプルオーバー ピンク×青×グレー 表記(L)

今、この辺のパタゴニアが一番気になります。

ただ、着れない。

理由はコーティングの劣化です。。

しかしコチラはその剥離したコーティングがキレイに除去されています。

きっとこの穴から全ての粉を取り出したんでしょうね。。

その工程、想像を絶します。。

というわけで、奇跡的に着用可能です。

何と言っても配色が素晴らしい。。

正式名称は分かりませんが、90年初期で言うと、

ボディはバイオレッド、

切り替えはディープウォーターとグレーグラナイト。

この配色、

そのうちhammockで使おうっと。。

 

80’s 2ワラント バブアー ”ビューフォート” オリーブ 表記(34)

1980年代、バブアーのビューフォートです。

2ワラントタグ。

タグのキレイさからも、コンディションの良さが伺えます。

バブアーの代名詞、ビューフォート。

背中のゲームポケットが最大の特徴です。

色はオリーブ。

オイルは残っていますが、必要以上のベタ付きはありません。

そしてあのニオイがほとんどありません。

とはいえ無臭ではありません。

でも未洗いのインディゴデニムよりもニオイは薄い気がします。

2ワラント、オリーブ、

34インチ、

ニオイなし、

状態は良好。

持っていて損のない1着です。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

シネイド・オコナー。

 

ミックス。

 

LV。

https://hypebeast.com/jp/2017/12/louis-vuitton-2018-spring-summer-bags

 

うーむ、良いな。。

https://www.gallery2.co.jp/category/basketball/2017/12/3week/1221_kyrie4_002

 

Levi’s×AJ4。

https://sneakernews.com/2017/12/20/levis-air-jordan-4-2018-preview/

これは、まぁ、。予想の範囲内ですかね。。

 

袖先。

 

ビリージョエル。

1972年の写真と言う事で、牛BROSでしょうか。

星はないけど。

 

オーバーオール。

 

短パン。

 

NEWYORKニット。

 

ベレー。

 

KRYLON。