日別アーカイブ: 2017/12/08

2017/12/8

”やかまし村の子どもたち”って、こんなイメージですね。

”Alla vi barn i Bullerbyn”(1986)。

 

南方熊楠。

https://www.kahaku.go.jp/event/2017/12kumagusu/

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

オーストリア製 HOFER 圧縮ウール チロリアンJKT ナチュラル×スカイ 実寸(XS位)

オーストリア製、HOFERのチロリアンJKTです。

圧縮ウールを使った独特の着心地と見た目。

フロントはチェンジボタンで、

左右どちらでも使えます。

カラーはナチュラル×水色。

フワッとした優しい色合いです。

フォークロア的な素朴な印象ですが、

実はパンク系アイテムとも相性が抜群です。

赤チェックのボンテージに、

ラバーソールなどを合わせると良さそうですね。

現在は生産していないようで、

最近徐々に人気が出ているように感じます。

 

70’s ウールリッチ ギャングコート 濃紺 表記(38)

1970年代、ウールリッチのコートです。

白タグ。アメリカ製。

ウール×リサイクルウール×その他、厚手の生地です。

ライナーはアクリルボア。

ゴージャスな襟。

いわゆるギャングコートスタイルです。

色は黒に近い、濃紺。

真っ黒じゃないというのがオシャレですね。。

ポケット内側はコットンフランネル。

この年代のウールリッチとしては珍しく、

大人っぽいクールなデザインです。

 

50’s Ralph’s グレー×ピンク カスリ 理想的なロックンロールジャケット 実寸(38位)

1950年代、Ralph’sのテーラードジャケットです。

タグにSPOKANEとあるので、

ワシントン州スポケーンのテーラーメイド物だと思います。

ユニオンチケット付き。

ダークトーンのチャコールグレー、ヘリンボーンっぽい柄をベースに、

ピンクの絣が入っています。

真っ黒じゃないんです。。

最高ですね。。

細めの襟。

深めのVゾーン。

ボタンは牛骨。

袖先は飾りボタンで3つ。

チェンジポケットはフラップのみ。

短めのセンターベント。

50年代に流行った、

ロックンロールスタイルです。

その中でも、こんなにクールな生地、ディテール、サイズ感が揃う事は、

滅多にありません。

間違いなくスぺシャルです。

 

3点プライスダウンしました。

90’s コムデギャルソン・オム チンピラジャケット イカリ肩 ダブル 黒 表記(S)

5800→2800円。

 

88’s コムデギャルソン・オム 2つボタン 肩パットジャケット 濃紺 表記(M)

4800→2800円。

 

00’s コムデギャルソン・オム スウェード テーラードジャケット 黒 表記(S)

29000円→19000円。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

NYC。。

https://sneakernews.com/2017/12/06/first-look-nike-air-uptempo-nyc/

もはや原型が分からん。。

 

ノースビーチ。

 

ボリュームとショート丈。

 

ダウン。

 

コート。

 

津軽じょんがら。

 

シャネル。

 

ドーナツを食べるデヴィッド・リンチ。

 

金持ちを食べるスカル。

 

吠えるロリンズ。

 

ロン毛期。

 

スピード。

 

シナモンスティック。

 

山小屋。

 

メッセンジャーバッグ+ウエストバッグ。