日別アーカイブ: 2017/08/06

2017/8/6

PG1、”SCORE IN BUNCHES”。

https://sneakernews.com/2017/08/04/nike-pg-1-score-in-bunches-grape-release-date/

8/15。

またしても良い色を。。

 

パティスミス。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

USA製 ショット プルオーバーレザーJKT 黒 表記(M)

レザーのプルオーバーです。

完全に玄人向きのアイテムですね。。

日常着としてレザーのプルオーバーを着ている人を、

僕は1人しか知りません。

ジャケットと言うよりは、

ロンT~スウェット位のイメージです。

これから7日間、バイクから降りない。

という人にはもってこい。

しかし、洋服で温度調節がしたい人には不向きです。

マウンテンパーカーとは真逆のベクトル。

ハッキリ言うと、不自由な服です。

でもそんな不自由さを楽しめるのは、

本当の意味で自由な人だけだったりして。

ショットなのでバイクウェアなんでしょうが、

もはやモードだと思います。

 

90’s Polo ジーンズCo. デニムカーゴショーツ チョークポケット 表記(30) 実寸(32位)

1990年代~、ポロジーンズカンパニーのデニムカーゴショーツです。

メキシコ製。

6ポケットのカーゴデザインですが、

左サイドポケットのみ、トリッキーなデザインです。

チョークバッグのように、

トップをドローコードで絞れる仕様になっています。

この無駄とも思えるギミックデザイン。。

完全に90年代の”ノリ”です。

シンプルなビッグTに、ティンバーランドのヌバックブーツで。

 

90~00’s メキシコ製 チャンピオン RWパーカー 袖先リメイク グレー×黒 表記(L)

90~00’s、チャンピオンのリバースパーカーです。

メキシコ製で、このタグ。

目無しボディをベースに、

袖先を黒に切り替える、リメイクが施されています。

半袖パーカーから袖を出したような、

”騙し風”レイヤードデザインです。

中々シャレてます。

裏もしっかりロックミシン仕上げ。

パターン的にも違和感がなく、キレイに作ってあります。

メキシコ製時期は、変なのがいっぱいあるので、

こんなのがオリジナルであってもおかしくないなぁと思わせる、

センスの良いリメイクです。

 

60’s Brandfield モヘアカーディガン マーブルラベンダー 表記(L)

1960年代、Brandfieldのモヘアカーディガンです。

65%モヘア×35%ウール。

モヘアの混率が高め=毛足長めです。

ラベンダーのような淡いムラサキ色。

良く見ると、青や赤の糸が混ざり合って、

深みのあるマーブルカラーを作っています。

流れる毛足と相まって、

まるでモネの絵みたいですね。

 

ハンドポケット付き。

表記Lサイズ。

若干編みの緩みがありますが、穴はないと思います。

黒やアーガイルも良いですが、

こういう絶妙なマーブルカラーこそ、

モヘアのフワフワ感と相性が良いと思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

クールなバッチ。

 

夜景スクリーン。

http://dailynewsagency.com/2017/05/09/blackout-curtains-with-trompe-loeil-vei/

 

SAAB 96。

 

グローバーオールのAD。

 

ラフシモンズの迷彩MA-1。

 

ギャルソン・シャツ。

 

Tシャツ寄りな薄手のスウェット。

http://www.patagonia.jp/mens-board-short-label-lightweight-crew-sweatshirt/39483.html?dwvar_39483_color=FEA&cgid=mens-sweatshirts-hoodies

波タグで。

 

黄色のバックル。

 

敷物。