日別アーカイブ: 2017/07/18

2017/7/18

Gustav Von Aschenbach、2018SS。

http://www.vogue.com/fashion-shows/spring-2018-menswear/gustav-von-aschenbach/slideshow/collection#4

こりゃクールですね。。

 

Germs。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

12’s コムデギャルソン・オム・プリュス パイル地 ジャケット グレー 表記(M)

2012年、コムデギャルソン・オム・プリュスのテーラードジャケットです。

日本製。

コットン100%のパイル(タオル系)生地です。

表面はシャーリング加工でベルベットのような滑らかな肌触り。

内側は毛足長めのループです。

フニャフニャっとした気持ちの良い生地です。

色は薄グレー。

ボタンはゴム製で、

ギザギザのポテトチップスみたいな形です。

キュートに着る事も、

バッチを付けて、パンクに合わせる事も出来そうです。

 

90’s USA製 民間 タイガー迷彩 BDUパンツ 表記(S-R)

1990年代、タイガー迷彩パンツです。

アメリカ製、コットン100%、リップストップ生地。

もちろん、民間販売用です。

生地のベースカラーがグレーっぽいせいか、

どことなく色味が変わっています。

カットオフして、NYハードコアっぽく。

でも、。サイズバランスが良いので、

カットするのは少しもったいないかもしれません。。

 

80’s USA製 maxell ロゴTシャツ 染込み 赤 実寸(S位)

1980年代、maxellのTシャツです。

タグが消えていますが、ボディはアメリカ製で間違いありません。

アンビルか、スニーカーズ系だと思います。

テロっとしてるので、コットン×ポリエステルかなぁと。

赤ボディに、シンプルなロゴデザイン。

染込みプリントです。

古いのは意外とないと思います。

”EA”のかぶり方とか、中々クールなタイポグラフィックですね。。

フォントを簡単に使える現在、

こういう一工夫を忘れてしまいがちです。

Sサイズ位。

女子が着ても良いっすね。。

こんな感じで。

(参照:http://davidmushegain.com/post/104198785401/stella-the-answer-to-all-your-tape-needs)

 

99’s SS アンダーカバー ”レリーフ期” スタジャン 黒リブ 表記(M) 極上

1999年春夏、アンダーカバーのスタジャンです。

服の構成要素を”アタリと呼ばれる色落ち加工”で表現した、

”レリーフ期”。

ポケットや、ロゴは全てレリーフで表現されています。

背中のロゴも。

ジッパーはアンダーカバー刻印入りのriri製。

何個作ったんだろうなぁ。。

表記Mサイズ。

使用感の少ない、良好なコンディションです。

レリーフもしっかり残っています。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

Charles Mingus。

 

黒ピン。

https://solecollector.com/news/2017/07/lonzo-ball-air-jordan-31-low

 

ハンドメイド。

https://www.etsy.com/jp/listing/479459801/sale-25-off-mohair-rabbit-plush-bunny?ref=shop_home_active_1

ニットがまた可愛い。。

 

早く観たいな~。

 

 

日本は未発売?なんでしょうか。

https://www.kfclimited.com/ProductDetail.aspx?did=27462&pid=219340&logoid=0

オフィシャルです。

 

点描タトゥー。

http://www.thisiscolossal.com/2017/07/elegant-animalistic-tattoos-by-joanna-swirska/

 

ドーナツ。

 

さぁ、イラストレーターを使って5分以内で描いてみよう。

 

4つ目。

 

リーフパターン。

 

ネジとバネ君。

 

床に座る。

 

スウェードジャケット。

 

コーヒー。

 

逆立ち。