日別アーカイブ: 2017/04/14

2017/4/14

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

06’s USA製 Supreme 囚われのミッキーハンド 赤 Tシャツ 表記(L)

2006年、SupremeのTシャツです。

アメリカ製、コットン100%、丸胴オリジナルボディ。

鉄格子からのぞく、

白い手袋をはめた4本指。

資本主義・自由主義のシンボルは、実はがんじがらめの囚われの身。

みせかけの自由主義に対するアンチテーゼとも、

あるいはそもそも資本主義の否定とも取れる内容です。

共産カラーの赤ボディが泣かせます。

 

70’s カナダ軍 コンバットシャツジャケット 表記(5=MR)

1970年2月の日付入り。

カナダ軍の支給品、コンバットシャツジャケットです。

米軍で言うところのファティーグJKT的な位置だと思います。

薄手のテロっとした生地です。

特徴的な胸ポケット。

Tシャツの上にちょっと何か羽織りたいなと思うこの時期、

ちょうど良い感じに、使いやすいアイテムだと思います。

 

70’s ジュールズバーグってどこにあるんだよ? Tシャツ 実寸(S位)

1970年代位でしょうか。

ボディはおそらくパキ綿。

ヨレヨレ・薄々のリンガーTシャツです。

”ジュールズバーグなんて(田舎町)、一体どこにあるんだよ?”

”ジュールズバーグなんて聞いたことないぜ?”

的なニュアンスだと思います。

地元の人が”あえて”作った自虐ネタ、お土産用Tシャツでしょうか。

英検を途中で諦めた僕には、

とりあえず”HELL”が目に入るので、

何となく悪そうな感じで良いじゃん、なんて思います。

まぁでも、。英語圏の人が見たらどうなんでしょうか。。

日本語で、”~村ってどこにあるの?”なんて書いてあるTシャツは着ないかもなぁ。。

というわけで、ピチピチのパキ綿シルエットが好きな方以外は、

デザインソース用にしか使えないかもしれません。

 

 

 

60~70’s おそらく黒タグ時期 ショット サイドレースアップ ダブルライダース 表記(38) 極上

1960~70年代、ショットのダブルライダース。

サイドレースアップタイプです。

タグが欠損していますが、

・デカタロン

・袖ガゼット、内側裾どちらも合皮

・袖ジッパーは無刻印で、五角形の穴

そして、ポケット裏地の素材・【色】から、

サボテンの黒タグ時期だと思います。

牛タグBROS以降は、

ポケットの裏地が真っ白か薄グレー、化繊タイプが混在します。

こちらはモカ茶のコットンフランネル。

ちなみにフカフカです。

肩は10本爪のワンスター。

サイドレースアップタイプは、

通常のワンスターに比べ作りが細く、

着丈も2インチ位長く作られています。

表記38インチ。

実寸は36インチ寄りだと思います。

使用感の少ない、極上コンディション。

これ以上はデッドストックしか望めないかと。。

デニムで言えば、ワンウォッシュ。

実際に着用するなら、これぞベストコンディションです。

黒タグが付いていれば、。6~8万円位付けたい所ですが、

ないもんで、49800円です。

決して安くはありませんが、

状態、サイズ感も含め、お買い得だと思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore