日別アーカイブ: 2017/03/14

2017/3/14

Flatiron Spinning Wheel。

http://schachtspindle.com/item/flatiron-spinning-wheel/

紡糸。

 

プルーヴェ。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

60’s Shudde Bros テーラードジャケット 黒×茶 実寸(L位)

もうちょっと、

で、

日の目を見そうな、

そんな予感がしてきたビンテージのテーラードジャケットです。

小ぶりな襟と、角ばった肩のライン。

ポイントはもちろん3つボタン。

ダークトーンのチェック柄。

こういうのはあまり気取らず、

”三枚目”っぽく着るのがクールだと思います。

 

そんなオールドのテーラードジャケットには、

ゴリゴリのビンテージではなく、

ファンシーなシャツの方が似合うと思います。

80’s Alviled ドット×千鳥格子 ポリシャツ 実寸(M~L位) レディース合わせ

80年代、テロテロのポリエステル素材。

謎のタグ、日本製。

日本製ってのが泣かせます。

大小様々な大きさのドットを、千鳥格子の枠で囲んだ、

パネルデザインです。

袋襟、オープンカラーのボックスシルエット。

80’sにリバイバルした、なんちゃってフィフティーズスタイルですね。

 

カーハート トラッカーJKT ブラウンダック 実寸(38位)

カーハートのトラッカーJKTです。

コットン100%、ブラウンダック生地。

ハンドポケットが付いた、70506スタイルです。

裏地もないので、今の時期丁度よく羽織れそうです。

 

80’s USA製 ポロカントリー オイルレザー スポジャケ 表記(M)

1980年代、ポロカントリー・ラルフローレンのレザージャケットです。

この年代としては珍しく、アメリカ製です。

オールドのスポーツジャケットデザイン。

裏地はコットンネル。

マットな吟(銀)面を使ったオイルレザーです。

レッドウィングのオロイジナルレザー(渋茶)のような革質で、

爪があたっただけでスレキズが付いてしまいます。

光沢面を作るオイルで磨き、

ブラッシングをすれば傷は薄くなると思いますが、

このレザーは”キズ”を味として楽しむために、

わざとこういう仕上げにしている物だと思います。

キズになり、擦れた部分は飴色に変色し、

モロに経年変化を実感できる革質です。

西部劇に出てきそうな傷だらけのレザージャケット。

”ポロカントリー”ラインならではのアイテムだと思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

 

Stanisław Wyspiański。

名前が覚えられない。。むしろ発音できない。。

 

スタジャンにアロハ。

 

Fixedbroz。

http://fixedbroz.com/

 

レンチ。

 

アイリス。

北斎とゴッホ。

 

チボリのワイヤレススピーカー、Model One Digital。

http://www.theverge.com/circuitbreaker/2017/3/9/14869400/tivoli-model-one-digital-speaker-retro-design

レトロな外観でハイテク。

 

デカイ。

たまにはデカイ方も作りたいなぁ。。

 

下書き?

 

ムートン。