月別アーカイブ: 2017年1月

2017/1/31

エルメスのポンチョ、可愛いな。。

http://japan.hermes.com/equestrian/for-the-rider/ladies/ponchos/configurable-product-e-poncho-76151.html

 

スプレー缶。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

00’s S/S ティンバーランド シェルジャケット 黒×ベージュ 表記(XS) 美品

ティンバーランド、ウェザーギアのナイロンシェルジャケットです。

2000年春の表記入り。

60/40クロス生地。

スタンドカラーで、簡易フード入り。

4ポケットデザイン。

フロントはジッパー+ベルクロ。

ウェスト、裾にドローコード。

何となくM-65っぽいデザインだと思います。

黒ボディ。

袖先、比翼裏、襟裏にサンドベージュの切り替え。

真っ黒じゃないのがティンバーランドの上手いところ。

XS表記。

実寸はS~M位。

シンプルでクールです。

 

90~00’s メキシコ製 チャンピオン RW 紺×霜降りグレー 2トーン 表記(L)

90終わり~00’s、チャンピオンのリバースウィーブです。

メキシコ製。

アメリカ製時期とは混率やシルエットが違います。

でも、サイド切り替えのリバースデザインです。

目無し、袖先Cマーク。

紺×グレーの2トーンカラー。

リメイクではなく、オリジナルだと思います。

幅広のシルエットで今っぽい感じです。

メキシコ製とは言え、2トーンタイプは中々出ません。

 

10’s~ メキシコ製 Levi’s 501 リジット 表記(31×32) 未使用

2010年~、Levi’sの501です。

現行モデル。

メキシコ製。

これからアメリカの政策次第では、メキシコ製がなくなるなんてこともあるんでしょうか。。

ただ結局アメリカ工場でも縫子はメキシコ人が多かったりして。。

そんな世相をモロに反映して、

品質やデザインが変遷するところも【501】ならではの魅力ですね。

10年後、メキシコ製の501が”ギャング”っぽくてクールなんだよ~

なんて言っているかもしれません。

ビンテージはもちろん良いですが、高価過ぎてもはやワークパンツとは思えません。。

気にせず膝立ち歩きが出来る。

ディテールや色落ちなんてどうでも良い。

欲しい時にいつでも手頃な値段で買える。

それも501の魅力だと思います。

現行の501は、いつの時代も1番クールです。

 

97’s パタゴニア 傑作 BTUジャケット 黒×リーガルパープル 表記(S)

1997年、パタゴニアのBTUジャケットです。

中綿入りハードシェルの傑作。

黒×リーガルパープル。

パタゴニアの名作には必ず存在する”黒×紫”。

シンプルなデザイン。

丸みのあるシルエット。

表記Sサイズ。

状態良好。

劣化なし。

ぶっちゃけダスパーカより暖かいと思います。

最強のアウターです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

 

フサフサの屋根。

http://bitrates.tumblr.com/post/155764608270

 

花瓶。

 

Travis Scott x Helmut Lang 。

http://www.highsnobiety.com/2017/01/30/travis-scott-x-helmut-lang-collection/

 

ウォーホル、ピンクのネコ。

 

James Gang。

 

スウェードコルク。

http://sneakernews.com/2016/12/16/adidas-superstar-cork-shell-toes/

 

パリの”Koti”というホテル。

https://www.dezeen.com/2017/01/28/linda-bergroth-koti-hotel-finnish-holiday-experience-paris-cabins-interior-design/

フィンランド風だそうです。

 

浜辺のオードリー。

 

雪の山小屋。

http://banshy.tumblr.com/post/156016380697/untitled-by-eeva-m%C3%A4kinen

 

French textile design. 1863。

 

Raoul Dufy。