日別アーカイブ: 2016/12/22

2016/12/22

ミシガン。

http://www.modern-notoriety.com/air-jordan-5-michigan/

 

カレッジスカーフ。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

00’s WB製 オフィシャル マトリックス・リローデッド ”モーフィアス” Tシャツ 表記(L)

2000年代、マトリックス・リローデッドのTシャツです。

ワーナーブラザーズのタグが付く、オフィシャル物。

モーフィアスのフォトグラフィックです。

 

以前予告しておりましたので、

本日は【シルクスクリーンの版下データを作る”2色分解編”】をお送りしたいと思います。

元の写真はこちらです。

前回も説明しましたが、

シルクスクリーンの版を作るには、”完全な白黒画像”にする必要があります。

例えばこんな感じに。

こういうデザインもありますが、これではフォトプリントとは呼べませんね。。

そこで”グレー部分(中間色)”をドットの大小で表現します。

これを【網点分解】と言います。

こんな感じ。

だいぶ写真っぽくなってきました。

普通はこのまま【1版】でプリントします。

が、しかし。。まだ何となくベタっとしているというか、写真の再現度が低いですね。。

そこで、グレー部分=中間色を抽出して、

【黒】と【グレー】の版に分けます。

これが【2色分解】です。(正確には下地の白があるので3色ですが)

まずは黒部分↓

そして、グレー部分↓

これはまだグレー部分を黒で表現したデータの段階。

この版を使って、”グレーのインク”でプリントすると、

こういう感じになります↓

最終的に、黒とグレーをミックスすると、

こうなります。

1版で表現した物に比べ、立体感が出ていると思います。

今回は分かりやすいようにだいぶ粗めの点で表現していますが、

網点を細かくするとさらに再現精度が高くなります。

高メッシュ版を使えば、肉眼では点が見えない位までプリント可能です。

ただし、

・メッシュの目が詰まらないインクを作る事

・全くズレないプリント技術

・2色分解のトーンの位置

など、クリアしなければいけない課題がたくさんあります。

しかし仕上がった時の満足感はとても高いですね。

ざっくりとですが、2色分解編はここまでです。

 

本編にもどりまして。

モーフィアスの2色分解です。

ここまでアップすると、点がかろうじて見えますね。

2色に分けてみましょう。

まずはグレー。

そして黒。

ミックスすると、

 

そして文字部分ですが。。

2色分解だけかと思いきや、

緑色が入っています。

これで3版です。

しかし、しかし。。

文字部分を良く見て下さい。

なんと、最後に”白”をプリントしているではありませんか。。

これで4版。。

むむーさすが、オフィシャル物。。

凄まじいクオリティです。。

というわけで、よくあるフォトプリントデザインですが、

角度を変えて見るとけっこう楽しめますね。。

 

 

本日の掲載分に戻りまして、

90’s USA製 Levi’s スタプレ ゴムウェスト スリムカスタム 焦げ茶 実寸(S位)

90年代、リーバイスのスタプレです。

内タグを見ると、91年11月製でしょうか?

ウェストにゴムを入れ、

サイドを詰めてスリムシルエットにリサイズしてあります。

サムクックとか、忌野清志郎とか、

コンポラ的な雰囲気だと思います。

 

レッツ・オンド・アゲイン

洋服は自己満足の世界です。

ロンバケが良いのは誰でも分かります。

さて、音頭はどうだったでしょうか。

大瀧詠一御大が情熱を傾けたのは果たしてどちらだっかのか。

今となっては想像に任せるしかありません。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

肩ヨーク。

 

刺繍。

http://stitchiceland.com/2014/09/03/embroidery-progress-5/

 

かたちの服”。

実物大パターン付き。

 

基本袖プリ。

 

豚さん。

 

チラッとM-65。

 

ポケットブックショップ。

 

J.Press。

 

レボリューション・ムーブメント・ユーゴスラビア。

 

モヘア。

 

Elephant and the bad baby。

 

A$AP。