日別アーカイブ: 2016/12/06

2016/12/6

久しぶりにワードプレスのファンクションPHPをいじりました。

01

むやみに触ると、ページが真っ白になる危険な場所です。。

修正したのは【404】の部分。

正直な所チンプンカンプンでしたが、なんとかホワイトアウトせずに修正出来たようです。。

ついでに、ios10からモバイルで表示できなくなっていたファビコンも修正。

blog_p

ブラウザの進歩とともに、こういう細かい修正をしないといけないわけですね。。

もう16×16ピクセルでは通用しないようです。

ちなみにオンラインストアの方はファビコンの設置位置が固定されているようで、

ヘッダーにiPhone用のタグを書いても反応せず。。

<link rel=”apple-touch-iconhref=”~~~”/>(記事用に1部全角になっていますのでお気をつけて)

うーむ、ここはGMOのアップデートに身を任せるしかないのかな。。

+++

さて、

×Luckzak× DAYSTORAGE。

http://store.anoluck.com/shopbrand/luckzak/

”スパイダー柄”は明日掲載分で最後となります。

よろしくお願い致します。

01

+++

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

70~80’s サックスフィフスアベニュー ムートンコート 表記(38)

1a

1970~80年代、サックスフィフスアベニューのムートンコートです。

品質タグがありませんが、リアルムートンです。

1d

ニューヨークの百貨店だけあって、洗練されたデザインですね。

シングルフロント、2ポケット。

襟のチンストで上まで閉める事ができます。

1g 1h

ボタンは年輪のような柄が入ったリアルボーン。

1j

おそらくカリフォルニアのSawyer of Napaが作ったOEM製品だと思います。

Sawyer of Napaはリーバイスのオリンピックムートンや、

アバクロ、ブルックスブラザーズなどのムートンも手掛ける老舗メーカーです。

柔らかく、気持ちの良いムートン素材。

1l

サイズ表記38ですが、着用感は36位だと思います。

サラッと気取らず羽織れる、使い勝手の良いムートンコートです。

1q

 

02’s コムデギャルソン・オム ラフアウト レザージャケット 表記(S)

2a

2002年、コムデギャルソン・オムのレザージャケットです。

牛革のラフアウト。

ラフアウトというよりも、革の裏起毛をカットせずそのままの状態で使ったような、

毛足の長い荒々しい表情です。

2h 2i

接合部分を表に出した、インサイドアウト的なデザイン。

そういえば、セディショナリーズのフェルトスクールJKTで、

こんな感じのデザインがありましたね。。

2m

とはいえ、そこはやっぱりコムデギャルソン。

パンクに寄せすぎず、雑に見えない理由は、

縫製とシルエット。

そして、襟を見て下さい。

2l

上襟はボディと同じ毛足の長いラフアウトですが、

下襟は毛足を短くキレイにカットしたベルベットのようなスウェード素材です。

にくい、にくらしい、。

フロントのシームテープ、ポケットの縁取りもこのベルベットスウェードです。

2j

表記Sサイズ。

スマートでキレイなシルエットです。

”HOMME”ラインですが、”PLUS”ラインに劣らないエッジの効いたデザイン。

レザーテーラードの最高傑作ではないかと思います。

2q

 

コムデギャルソン・シャツ シープスキン ラフアウトレザーJKT 縮洗加工 製品染めピンク 表記(S)

3a

同じような毛足の長いラフアウトレザーを使ったスウィングトップ。

こちらは”シャツ”ラインです。

しかしこちらは牛革ではなく、シープレザー。

3d

荒々しい部分を選んで使っている感じです。

3k 3q

縫製後の製品染め。

薄ピンク色。

さらに洗い加工。

革が縮み、毛羽立ち、歪み、独特の表情を作っています。

3i 3u

縮絨シリーズを革で再現したようなイメージです。

ポールハーデンやシャンティのヌバックJKTは、

この辺にルーツがあるかもしれません。

3l 3o

表記Sサイズ。

1枚サッと羽織るだけで雰囲気が出ます。

最高にクールなレザージャケットです。

3w

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore