日別アーカイブ: 2016/05/17

2016/5/17

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

06’s パタゴニア MARS R2フリース アルファグリーン 表記(L)

1a

時期外れと、状態が悪いという事で、4800円です。

MARS、アルファグリーン、R2フリース。

1d

USA製生地を使った、コロンビア生産品です。

その昔、ハードコアの方たちがリアルタイムの軍モノを選択したように、

今この辺をハードコアファッションとミックスしたら面白いと思います。

1h

 

となると、カオスポーチもアップデートして。

96’s USA製 ノースフェイス ”A5”シリーズ クライミングウェストポーチ

2a

96年製、ノースフェイスのクライミングポーチです。

ノースフェイスのクライミングライン”A5”シリーズ。

2c

アメリカ製時期、A5シリーズのオールド小物は中々出ません。

グレー、黒、緑、タグの赤、黄色と、色使いも抜群です。

2f

 

STUSSY ヒョウ柄 イージーショーツ 表記(L)

3a

STUSSYのヒョウ柄ショーツです。

往年のイージースタイル。

太め、長めのシルエットです。

派手すぎないカラーで、無地Tなどと相性が良さそうです。

3e

 

USA製 チャンピオン ”T1011”ボディ 5段染込み Tシャツ 表記(S)

4a 4d

歴史に”もし”はない、と言うのは決まり文句ですが、

もし、

1984年に発足した”Crafted with Pride in the U.S.A. Council”の運動が功を奏し、

1990年代~2000年代頭、アメリカ企業の生産が、海外に移行しなかったら、。

アメリカブランドは一体どういう進化を遂げたのか。

とても興味がある所です。

7311521

チャンピオンも多分に漏れず、

90年代後半からメキシコ製、アジア製へと生産拠点が変わるわけですが、

この”T1011”シリーズは、

その”もし”を現実のものにした1例だと思います。

”もし、チャンピオンがアメリカ生産を貫いていたら”、

きっとこういういう風に成長したはずです。

4i 4j 4k

丸胴ボディ、バインダーネック、

袖、裾はダブルステッチ。

袖のシルエットはスマートに、着丈も程よく。

88/12から、90/10に混率を変え。

4e

そして、プリントは5段の染込み。

これを着てしまうとビンテージを探す意味を見失いそうです、。

正直僕はこれで十分です。

4f

 

09’s パタゴニア ミリタリー カーゴショーツ カーキグレー 表記(31)

5a

パタゴニアのカーゴショーツです。

まるで、米軍のファティーグパンツのような、6ポケスタイル。

5g 5i

ブランドネームもバックポケット上に小さく。

タグがなかったら、MARSシリーズと言っても良い位。

パタゴニアのインライン商品としては、珍しく軍寄りなデザインだと思います。

5m

 

アウトドア、ミリタリー、ハードコアのミックスがやっぱ好きっす。

00

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore