2017/11/9

”映画を聴きましょう” 細野晴臣。

https://www.amazon.co.jp/dp/4873764556

 

五月。

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

70~80’s スプリットラグラン ステンカラーコート 黒×カラフルライナー 表記(34S)

1970~80年代と思われる、ステンカラーコートです。

メーカータグがありませんが、IDEALジッパーを使っているので、

アメリカ製だと思います。

65%ポリエステル×35%コーマコットン。

サラッとした生地です。

内側に取り外し可能な起毛ライナー付き。

そして、そのライナーを外すと。。

カラフルなチェック柄です。

粋で鯔背な。。

 

表記34ショート。

極細のパンツに、3ホールマーチンですね。

 

60’s ペニーズ フランネル テーラードJKT 黒×茶 チェック 実寸(38Tall位)

1960年代、ペニーズのテーラードJKTです。

ユニオンチケット付き。

ウールのフランネル素材です。

起毛した柔らかい質感。

裏地は玉虫色で、

王冠の織り柄入りです。

またしても裏地が粋ですね。。

江戸っ子ならずとも、裏地がオシャレだと気分が上がります。

 

70’s ブルックスブラザーズ 6つボタン BDシャツ ピンクオックスフォード 表記(15・1/2-4)

1970年代、ブルックスブラザーズのBDシャツです。

旧タグ、6つボタン仕様のオールドモデルです。

ダンリバー製、コットンオックスフォード生地。

色はピンク。

サイドは極細の巻き伏せ縫いです。

 

80’s Hickey Freeman ダブル チェスターコート チャコールグレー 実寸(36-38位)

1980年代、Hickey Freemanのチェスターコートです。

ニューヨークの老舗紳士服店。

既製服の中ではアメリカでもトップクラスのブランドです。

良いタグですね。。

タグだけ見たら60年代っぽいですが、

ケアタグが付いているので、70年代後期~80年代のアイテムだと思います。

とはいえ、作ったのはシカゴにあるテーラードショップ。

変に流行りを追う事なく、

オーセンティックな作りなので、

生地や縫製を見ても、60年代以前の物と比べ全く見劣りしません。

ダブルブレスト。

なんとも美しい襟の形です。

ボタンホールは手縫い。

厚手のしっかりしたウール素材。

チャコールグレーで、僅かにヘリンボーン柄が見える、

とても上品な生地です。

サイズ表記はありませんが、あったとすればおそらく36だと思います。

実寸は36~38位。

アウターコートなのでそれなりに大きめの作りですが、

175cm前後の方でしたら丁度良く着用できると思います。

ヒッキーフリーマンのコートの価格帯は、

20~40万円位。

とてもじゃないですが、手が出ません。。

この素材・縫製・シルエット・サイズ感、

そしてダブルブレスト。

こんなにカッコイイコートは本当にレアだと思います。

 

というわけで、アニエスベーのこちらはプライスダウン。

これも良いコートなんですが。。

90’s フランス製 アニエス・ベー チェスターコート キャメル 表記(2)

14000→10000円。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

Buckminster Fuller。

 

Jean Seberg。

 

CREAM。

 

マイナーキャラの衣装。

 

帽子。

 

状態。

 

ピカソ。

 

そりゃ売れるよな。。

 

カーハート。

 

デストロイ。

 

若干イチローっぽいような。。

 

スッキリしてますね。

 

The lives they lived。

 

この笑顔。