2017/10/3

リキテンスタインの”1セントライフ”。

 

オレンジチョコレートタルト。

http://happyolks.com/orange-chocolate-tart/

 

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90’s ラルフローレン デニム ファイヤーマンコート 赤フリースライナー 表記(M) 実寸(S位)

1990年代、ラルフローレンのデニムファイヤーマンコートです。

”ラルフローレン”名義、女性用ラインです。

定番のファイヤーマンスタイルですが、

メンズ物に比べるとハードさが抑えられ、やや柔らかい印象です。

ライナーは薄手のフリース。

サイズ表記はMで、

実寸はメンズのSサイズ位です。

前合わせは左前なので、男性が着ても違和感のないデザインだと思います。

ゴリゴリのファイヤーマンが苦手な方も、

この位なら普段着として取り入れやすいと思います。

 

90’s Polo ラルフローレン スイングトップ型 ダウンJKT 赤×青 表記(L)

1990年代、Poloラルフローレンのダウンジャケットです。

中国製。

コットンシェルにダウン+フェザーです。

品質タグがカットされていますが、

根本を見ると、ナイガイかオンワード系のライセンス商品だと思います。

ジッパーのスライダーが左側に付いているというのも、

日本規格の特徴ですね。

ちなみにアメリカ規格は、スライダーが右側に付きます。

 

赤×青のパリッとした配色も、

ラルフローレンらしいと思います。

スイングトップにボリュームのあるダウンを入れた、シンプルなデザイン。

丸く幅広で、大きめのシルエット。

肩を外して、デニムバギー等と合わせるとバランスが良さそうです。

 

70~80’s オールド Polo ラルフローレン ウールハンティングJKT 赤×黒 表記(S)

1970~80年代、PoloラルフローレンのハンティングJKTです。

生産国表示の入らない青タグ。

その下に”ドライクリーン”タグが別に付く、

オールドラルフローレンです。

品質タグがありませんが、表地は厚手のウール。

裏地はコットンです。

首周りのストラップを見ると、ワーデン系でしょうか。

ポケットがたくさん付いた、

クラシックなハンティングデザインです。

背中にゲームポケット、

内側裾にもポケットが2つ。

それぞれジッパーは42タロンです。

この辺からも、70~80年代と言う事が伺えます。

表記Sサイズ。

着用感も表記通りと言った感じです。

この年代のSサイズで、状態の良いアウターは、

中々みつかりません。

やっぱり”ドライクリーン”タグの付くラルフは良いですね。。

 

90’s 旧3つ星タグ USA製 RRL デニムジャケット オールドスタイル 表記(L)

1990年代、RRLのデニムジャケットです。

旧3つ星タグ。

アメリカ製。

下方に付いたポケット、

サイドのアジャスターベルト、

ドーナツボタン。

そしてフロントのプリーツ留め。

”デニム・ブラウス”的な呼ばれ方をしていた頃の、

古いジャケットがデザインソースだと思います。

(参照:リーバイス)

 

それを、フロントジッパーでアレンジ。

ブルーの濃淡で表現された、チェック柄。

表記Lサイズ。

ユッタリした丸いシルエットです。

薄手のライトアウターで使い勝手も抜群。

太めのスラックスでクラシックスタイルも良いですが、

バギーショーツにハイソックスとVANSにも合いそうです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore

 

 

 

 

オビワン。

 

マッチ箱。

 

テラス。(と言うのかな。。)

 

AJ1。

 

ヒロインの条件。

”手を焼かしてくれる女”の錯覚と誤解。。

ま、その錯覚が楽しかったりもするけども、。

 

立体的。

 

昔からあるんですね、これ系のオモチャって。

対象年齢は6歳~大人まで。

幅広い。

 

ドーナツ。

 

ガーゼシャツ。

 

海ガラス。

 

青白い階段。

 

手仕事。