2017/8/25

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90’s Polo ラルフローレン 1/3ジップ SWフーディ ネイティブ柄 表記(L)

1990年代、Poloラルフローレンのスウェットフーディです。

コットン100%、裏ループのスウェット素材。

ホンコン製です。

1/3ジップのプルオーバー。

赤土と、ターコイズグリーンのネイティブ柄です。

ナイガイ製のLサイズですが、

実寸はアメリカ規格のLと同じ位。

薄手のスウェットなので、使い勝手も良さそうです。

 

05’s USA製 パタゴニア Vネック ニット 紺 表記(L)

2005年、パタゴニアのVネックニットです。

アメリカ製。

50%ウール、28%ポリエステル、22%ナイロン。

この複雑な混率が、

・チクチクしない

・ベタ付かない

・洗濯機で洗える(多分)

を、”ウール”ベースで可能にしているようです。

だったら、フリースで良いじゃん、。

と思ってしまいますが、

ポリエステルばっかり着てると、たまに天然素材が恋しくなるわけで、。

そんな欲求に応えるための服なのかな、と。。

考えすぎかな。。

 

90’s Polo ラルフローレン ハーフジップ SWフーディ 青 表記(L) DEAD

1990年代、Poloラルフローレンのスウェットフーディです。

ホンコン製。

香港っていうだけで、90年代だと分かりますね。

コットン×アクリル。

こちらは裏起毛(フリース)タイプのしっかりしたスウェット生地です。

比翼付きのハーフジップ。

フード口は立ち気味。

肉厚なレザーストラップ。

袖先にポロスポーツの刺繍ロゴ。

フラッシャー付きのデッドストックです。

”この製品はアメリカのデザイナー、ラルフ・ローレンとの提携により製造されたものです。”

堅苦しい説明ですね。。

色の名前は”ワールドスパプール”。

この名前を聞いて、この色を連想できる人が何人いるんでしょうか。。

デッドストックでは中々出ないと思います。

 

90’s ティンバーランド ダックコート 深緑×マスタード 表記(L)

最近気になる、ティンバーランド。

ことごとく期待を裏切るデザインに魅力を感じます。

もう少し洗練させたら、ストーンアイランドみたいな展開も出来そうなのに、

ちょっと足りない。。

サイズ感もやたらとデカイ。。

完全に日本人向きではありません。

こちらは立ち襟で、フードなし。

なんで、フードを付けない。。

フード付けた方が売れるっしょ。。

素材は、コットン。

表はダック。

ダックは、。重い。。

これも普通のアウトドアウェアなら軽いナイロンか、

せめてコットン×ナイロンですよね。。

袖先裏にレザー。

汚れやすい部分に、洗いづらい革。

。。

アウトドアやミリタリーの要素を、

謎のフィルタに通し、

都会らしさを演出し損なった、

”なんだこれ?”感が、

最高にクールだと思います。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore