2017/4/7

+++

×Luckzak× DAYSTORAGE。

http://store.anoluck.com/shopbrand/luckzak/

やっと地獄の春休みが終わりました。。

ちょうどそんなタイミングで量産用の材料が到着。

 

さて、今回のテーマは”ミニ四駆の肉抜き”です。

肉抜きとはボディを”軽量化”するために、窓などをくり抜く改造の事。

(参照:http://miniyonku55.com/nikunuki-kouka/%EF%BC%A0-31/)

 

子供の頃、とりあえず穴を開けまくりました。

いかに軽くするか。

それで速くなった気になって。

で、やり過ぎて割れたり、。

新しいプラパーツが、まさにそんな”肉抜きのミニ四駆”みたいな形だったので、

今回の”軽量化”バージョンに至りました。

左が従来型、右が新型です。

だいぶ隙間があります。

実際、どのくらい軽いのか検証してみましょう。

従来型は、約10グラムです。

そして、

新型は、

7.5グラム。

、、。

う、うーむ、。わずかに、2.5グラム減。。

バッグ1つに6個使うので、約15グラムの減量。。

体感的にはおそらく。。。

というわけで、

これでは”軽量化”とは呼べなそうなので、生地を再検討することに。

今までは、

コーデュラ1000デニールとターポリンを貼り合わせていました。

10cm×10cmの2枚の重さは、

約11グラムです。

 

そこで、今回”軽量化”のために選んだのは、

”X-Pac X50”という生地です。

表地は500デニールのコーデュラナイロン、

強度を増すためにブラック・ポリエステルのX-PLYをダイヤ状に配置、

裏側は0.5mmの低摩擦PETフィルムでコーティングしてあります。

つまり、これ”1枚”で強度と防水性を確保出来ます。

気になる重さは。。。

ぉお!!

3グラム!

という事は、全体で約1/3ほどの軽さになるわけですね!

これくらい減量すれば、”痩せたね”、と言ってもらえそうです。。(安心。。)

+

もちろんただ軽ければ良い、というわけではありません。

コーデュラ+ターポリンのオーセンティックなマテリアルは、

”メッセンジャーバッグ”というカテゴリーにはとても有効だと思っています。

僕はそういうレトロ感が好きですし。

そもそもこんなハイテク生地の力を100%発揮する縫製技術も持っていません。。

パーツは軽さより、強度が必要な場合もあります。

++

では、なぜ軽量化バージョンを作るのか。

みなまで言う必要もありませんが。。

この生地とパーツが最高にクールだったからです。

+++

 

 

 

ストーンアイランドの新作。

http://www.highsnobiety.com/2017/04/05/stone-island-prototype-research-series/#slide-5

ダイニーマ生地の後染め。さすがっすね。

 

本日発売。

https://www.nike.com/jp/launch/t/air-more-uptempo-96-varsity-red-black-white

 

PG1 EP。

https://www.nike.com/jp/launch/t/pg-1-summer

完売してるし。。

 

同じく、PG1。

メンズもあるのかな??

https://solecollector.com/news/2017/04/nike-pg-1-black-white-hyper-turquoise-release-date-878627-001

だったらコッチが欲しい。。(ってかまだこの前の箱を開けていない。。)

 

レブロンのマクフライ。

https://solecollector.com/news/2017/04/nike-lebron-14-mag-mcfly-release-date-852405-005

 

ニューヨーク。

 

映画”song of the sea”(2014)

 

フューチュラ。

 

DJ Noise。

 

オシャレ。

http://1000yardstyle.tumblr.com/post/156395411133/women-of-paris