2020/4/5

 

本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

90’s バナナリパブリック BDシャツ バンダナ柄 表記(S)

1990年代、バナナリパブリックのBDシャツです。

スリランカ製。
コット100%。

バンダナ柄の総プリントです。

ポロカラーのボタンダウンスタイル。
裾のラウンドは浅め。
サイドはシングルニードルで、
ポケットの柄合わせは完璧です。

 

90~00’s ORVIS オーガニック・ヘンプ100% 長袖シャツ 黒 表記(L)

1990~2000年代、ORVISの長袖シャツです。

オーガニック・ヘンプ100%。

クタっとしたドレープ感。
ムラのある色落ち。
素材の良さを楽しめるシャツです。

ボックス型のオーバーシルエット。

ダボッと、袖をまくって、
短めのチノショーツにストローハットが似合いそうです。

 

90’s USA製 Polo ラルフローレン ハイネックカットソー グレー×紫×緑 表記(L)

1990年代、Poloラルフローレンの
ハイネックカットソーです。

アメリカ製、コット100%。

グレーベースに紫を緑で挟んだ細ボーダー。

中々渋い色使いですね。

ネックは細めで首にフィットする感じ。

ダルダルに伸びた首リブが好きな僕には地獄のフィット感ですが、
インテリっぽくてオシャレです。

 

【DEAD】 00’s Polo ラルフローレン ピマコットン 極薄 Vネックニット 紺 表記(S)

インテリっぽいと言えば、こちらも。

PoloラルフローレンのVネックニットです。

ピマコットン100%。

超長綿が作るトロッと滑らかな肌触り。
ヘビーウェイトのTシャツよりも薄い、
極薄ニットです。

フラッシャー付きのデッドストックです。

当時の定価は14000円+Tax。

ってか高いなぁ。。
ユニクロのスーピマコットンは990円で売ってるもんなぁ。。
と、なんでもユニクロと比べてはいけません。

ちなみに私の青春期のアイドルは広末涼子でしたが、
ガールフレンドを選ぶ基準を広末涼子にすえると、
独り身を貫くことになります。

つまりユニクロとPolo、
クラスの女子と広末涼子を
同列に比べてはいけないわけです。

さて、嬉しい事にセカンドハンドは値段が下がります。
セカンドハンドなのに未使用品という、
クレイジーな条件を揃えても、
同じく値段は下がります。

そこが古着の良い所。

広末涼子はセカン、。
いやどういう状態になっても、永遠に高嶺の花ですからね。

というわけで5800円+Taxです。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore