2019/12/16

 

あと何日かで今年も終わるから、と、
鼻歌がまじる、
この時期がとても好きです。

本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

90’s USA製 アルファ N-2B ”バーガンディ” 表記(M) 良品

今年は本当によく着ています。
N-2B。

と言っても、近所のコンビニに行く位しか、
外出しないんですが、。

コンビニに行くためにオシャレをする。
お目当ての可愛い店員さんがいるわけでもないのに。。
もはや修行です。

というわけで、アメリカ製のアルファです。

実物はもちろん好きですが、
普段着るならアルファ位の”軽さ”が使いやすいと思います。

色はバーガンディ。

この色がまた渋い。。

ファーは化繊で、ウルフグレーカラーです。

表記Mサイズ。

175cm前後普通体型の方で、
やや大きめながら丁度良い位だと思います。

状態はまずまず良好です。

 

僕の知る限りでは、
90年代、アルファ製民間N-2Bのカラーバリエーションは、
カーキ、ネイビー、シルバー(グレー)、ゴールド?、
そしてブラックです。

90’s USA製 アルファ N-2B ”ブラック” 表記(M)

いや、まぁ黒はカッコいいに決まってますね、。

異論はありません。
これが一番クールです。

選ぶときのポイントは、
ファーが潰れていない事。

乾燥機にかけると化繊が溶けてダマになります。

毛足がボコボコしてるのは、
やっぱりあまり良くありません。

ファサーっとしてないと。

で、これはまだ正確な情報ではありませんが、
何となく黒だけ着丈が1~2インチ(4cm)位長い気がします。

個体差もあると思いますが、
同じMサイズでも、
先ほどのバーガンディは着丈が60cmだったのに対し、
こちらの黒は64.5cm位ありました。

タグにTall表記はないので、
おそらくこれがデフォルトなんだと思います。

もう少し数を見て勉強しないといけませんね!

N-2Bを着た事がない、という方は
とりあえず黒をおススメします。

バーガンディはちと玄人向きですかね。。

 

ペルー製 アメリカン・サウス・サイド アルパカウール ロールエッジ ニットフーディ 実寸(M位)

2000年以降でしょうか、
アメリカン・サウス・サイドのニットフーディです。

ペルー製。
(なるほど、だからアメリカン・”サウス・サイド”か、。)

アルパカウールです。

粗悪なウール100%のようなガサガサ感の全くない、
柔らかくフワッとしたニットです。

エッジ部分はロール。

”J.Crewのロールニットがフード付きだったら”
的なイメージです。

 

80’s 旧タグ USA製 Sawyer of Napa 最上位モデル ファーフード付きムートンコート こげ茶 表記(S)

1980年代、Sawyer of Napaの
ムートンコートです。

アメリカ製。
黒タグが付くオールドです。

アバクロ、ブルックスブラザーズ、
サックスフィフスアベニュー、L.L.Bean、etc…
様々なブランドのムートン製品を製造していた、
OEMカンパニー。

リーバイスのオリンピックムートンもNapa製です。

こちらはそのオリジナルライン。

上質なムートンを惜しみなく使った、
ダッフルコートスタイルです。

フードのファーはリアルコヨーテ。
ボリュームがありゴージャスです。

トグルボタンはリアルボーン。

色はこげ茶。
ムートンらしい良い色です。

状態は良好。

表記Sサイズ。
175cm前後普通体型の方が、
薄手のニットやシャツの上に着て、丁度良い位だと思います。

このデザインはSawyer of Napaの中でも
最上位モデルだと思います。
おそらく当時の定価は20万円半ば位かと。

黒タグでSサイズというのもポイントですね。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore