2019/12/8

 

本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

00’s GAP レザージャケット 黒 ”シットリ茶芯” 表記(M)

2000年代、GAPのレザージャケットです。

牛革です。

襟付きのシングル、2ポケット。
シンプルなデザインで、
数年に渡って作られた定番の形です。

時期によってディテールや革質が異なり、
この形でもゴリゴリの分厚い革の物もありますが、
こちららはシープレザーのように柔らかい革を使っています。

さらにそこから着込まれており、
革はシットリ、クッタリ柔らかくなっています。

色は黒。
茶芯レザーを使っており、
スレた部分から茶色が出ています。

表記Mサイズ。
実寸はユッタリめのL位です。

スウェットフーディをインナーに、
ダボッと羽織ると最高にクールです。

 

Levi’s 511 ストレッチスキニーデニム ビンテージ加工 表記(31×30)

Levi’sの511です。

日本製です。(レギュラーアイテムの日本製ってちょっとレア?)
98%コットン、2%ポリウレタン、
ストレッチデニム生地です。

バックポケットが小さく、

フロントのボタンが2つしかないので、
レディースモデルだと思います。

と言っても実寸は普通に男性が履けるサイズです。

メンズの511は”スリム”シルエット。
若干ユトリがある細めのストレートです。

それに対しレディースの511は”スキニー”です。
極細のピタピタ系。
メンズの510よりも細めです。

個人的にはレディースシルエットの方が好きです。
足が細く、キレイに見えます。

ビンテージ加工入り。
日本製と聞いて、ひいき目に見ているせいか、
何となくデニムの縦ライン、ムラ感が
イケてる気がします。

 

70~80’s Levi’s デニムボアジャケット ”オレンジタブ” 表記(38)

1970~80年代、Levi’sの
デニムボアジャケットです。

品質タグがありませんが、
アメリカ製のオリジナルです。

なぜか毎年欲しくなるボアジャケット。。
手放しては買い直すという繰り返しです。

で、ようやく分かりました。

オレンジタブは良いです。

もちろん個体差(時期による)はあると思いますが、
何となく着丈が2~3cm位長い気がします。

こちらも着丈は実寸で64cmあります。
普通60~61cm位ですよね?

たかが2~3cm、と思うかもしれませんが、
洋服におけるこの差は意外と影響力大です。

色はサックスブルー。
明るめのブルーです。

表記38インチ。

170cm前後普通体型の方が、
Tシャツや薄手のインナーの上に羽織って丁度良い位だと思います。

明るめのブルーデニムにオレンジタブ。
サーフスタイルにもハマると思います。

 

90’s USA製 L.L.Bean ポーラテックフリース プルオーバー 黒×赤 表記(S)

1990年代、L.L.Beanの
フリースプルオーバー・フーディです。

アメリカ製。
ポーラテックフリース生地。

裾にナイトカターディンタグ。

ハーフジップのプルオーバー。

黒×赤は初めて見ました。
こんな色があったんですね。。

ジッパープルはL.L.Beanとポーラテックのロゴ入り。

コードストッパーもL.L.Beanのオリジナルです。

脇下はベンチレーションに。

状態はかなり良好なんですが、
所々に繊維(獣毛を含む)の絡まりがあります。

ベースがベージュ系ならほぼ分からない程度ですが、
黒なので目立ってしまいますね、。

ある程度除去しましたが、完全には取り除けませんでした。

それとこの年代の品質タグの特徴(欠陥)ですが、
プリント面が粉状に剥がれてしまいます。

洗濯をするとおそらくツルっと剥がれて、
表示は見えなくなると思います。

触ると粉になるので、着用前にカットした方が良いと思います。
この部分です↓

というわけで、状態は良好ながら、
完璧を期す方にはおススメ出来ません。

でも普通に着れます。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore