2019/10/30

 

本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

00’s~ イングランド製 バーバリー ショートコート(JKT) ベージュ 表記(48R)

2000年~、バーバリーの、
ショート丈コートというのか、ドリズラーというのか、
その中間的なアウターです。

イングランド製。

表地はコットン×ナイロン。
細い糸を高密度に織った特殊な生地で、
まるでシルクのような質感です。

テロテロっと、ヌルっとしたような触り心地。
シワになりやすい生地です。

内側はチェック柄。

ジッパーはイタリア・LAMPO社の物で、
バーバリーの刻印入りです。

表記48R。

実寸はL位。
袖丈が長めです。

 

70’s イギリス製 Dunn & Co ハリスツイード生地 テーラードジャケット 実寸(XL位)

1970年代、Dunn & CoのツイードJKTです。

表記はありませんが、イギリス製です。
生地はハリスツイード社。

Dunn & Coのために特別に織ったツイードで、
”Expressly Handwoven by The Crofters”タグが付きます。

厚みや色使いなど、Dunn & Co用は別格です。

こげ茶をベースに、緑、青、オレンジが混ざる
暖色系のチェック柄です。

青糸を使っていますが、
全体的には暖かみのある茶系。

なので、”ブルーツイード”とは呼べませんが、
趣のある良い生地です。

3つボタン、センターベント入り。

肩パットはありませんが、
肩のラインがカチッと出るクラシックなシルエットです。

実寸はXL位。
シャツの上に丁度良く着るなら、
180cm以上の方むきです。

パンツを細めでダボッとビッグシルエット風に着ても
良いかもしれません。

サイズが大きく、状態があまり良くないので、
お買い得プライスです。
(Dunn & Co、知ってるお店なら結構高いんですよ。。)

 

70~80’s イングランド製 グローバーオール ダッフルコート チョコレートブラウン 表記(38)

1970~80年代、グローバーオールの
ダッフルコートです。

イングランド製。
筆記体の黒タグです。

カラーはチョコレートブラウン。

ネイビーやベージュに比べると、
レアなカラーです。

ブラウンとバーガンディがそろえば、
グローバーオールマスターです。

トグルボタンはリアルボーン。
凸凹した溝が入る雰囲気の良いボタンです。

表記USA38。

実寸も表記通りで、
170~175cm前後普通体型の方で
丁度良い位だと思います。

レザーストラップに硬化がありますが、
状態は良好です。

 

80’s 2ワラント バブアー ”ボーダー” オリーブ 表記(38) 極上

1980年代、バブアーのボーダーです。

イングランド製。
2ワラントタグ。

バブアーの中では玄人向きのモデルです。

セットインスリーブのロング丈が特徴です。

日本ではビデイルやビューフォートに比べると、
日陰的な存在ですが、
本国イギリスではむしろボーダーやゲームフェアを着ている人が多い、
と聞いた事があります。

今季流行しているロング丈コート、
という意味でも今まさに旬なモデルだと思います。

色はオリーブ。

ほぼ使用感のない極上コンディションです。

ポケット内側もキレイ。

ライナーはオイル浸透汚れもありません。

表記38。
23000円+Taxです。

ちなみに現行ボーダーの定価は59000円します。

2ワラントでこのコンディションなら、
完全にこちらをおススメ致します。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore