2019/10/17

 

本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

70~80’s 1ワラント バブアー インターナショナル 黒 表記(38)

1970~80年代、バブアーのインターナショナルです。

シングルワラント。

ジッパーはriri。

だいぶヤレていますが、
その分、オイル(ワックス)が程よく抜けています。

ニオイもほぼありません。
British Millerainの新品生地より、
薄いんじゃないかと思います。

ビンテージバブアーが好きな方なら、
問題なく着用できると思います。

 

60~70’s UK Speedman Leathers(ハイウェイマン) ライダースJKT 赤 実寸(38位) ※ジャンク

1960~70年代位と思われる、
Speedman LeathersのライダースJKTです。

ハイウェイマン・リベッツと
おそらく同じメーカーの別ラインだと思います。

一説にはハイウェイマンの前身とも言われますが、
詳細は分かりません。

首タグが付くのはちょっとレアだと思います。

形はいわゆるライトニング。
エポレットがある分、アメリカ寄りのデザインです。

ジッパーは、クリックス、ライトニングボール、”L”袖。
ビンテージロンジャンの基本をおさえています。

希少な赤ライダース。
実寸で38インチ位。

と、ここまでは最高なんですが、。

カッターの下敷きにしたような切り傷が
無数にあります、。
強く引っ張ると千切れそう、。

つまり、着用出来ません。

革ジャンは飾るもの。
袖を通して、鏡で見て、また戻す。
年間を通して1時間しか着ない。

というある意味本気の革ジャンフリークならお楽しみ頂けると思います。。

あるいは袖だけ取ってベストに付けても良いかもしれません。

しかし、このキズ、。
名付けるとしたら、
”ジャック・ザ・リッパー”ですね。。

 

90’s dezert 田口成彦(元ギャルソン・オム) モールスキン リバーシブルJKT 表記(L)

1990年代、dezertのリバーシブルJKTです。

元ギャルソン・オムの田口成彦がデザインする、
ミリタリーアウターです。

アメリカ軍のM-43パイルライナーをベースに、
袖先はWEPリブ。

生地は厚手のモールスキンです。

そして、リバーシブル。

こちら側はマットでミニマルな雰囲気ですね。

紺×カーキリブの色使いも秀逸です。

本家ビンテージ・ギャルソンが高騰中につき、
次はこの辺がねらい目だと思います。

 

90’s コムデギャルソン・シャツ シープスキンラフアウトパンツ 洗縮加工 ピンク 表記(S) 実寸(30×31.5)

コムデギャルソン・シャツの、
シープレザーパンツです。

毛足が長く毛羽立つ、ラフアウトレザー。

洗縮加工で
革が縮み、歪み、毛羽立ち、
独特の表情を作っています。

ウールの縮絨加工を、レザーで再現したようなイメージです。

Shantiiのヌバックパンツや、ポールハーデンが好きな方には、
グッとくる質感だと思います。

表記Sサイズ。
実寸は30×31.5位。

シルエットはユッタリめのストレート。

ピンクのレザーパンツ自体中々ありませんが、
ラフアウトで、この雰囲気を作れるギャルソンは、
やっぱりスゴイですね。。

 

2点セール価格に変更しました。

90’s ショット バイクタグ 618 ダブル レザーライダース 黒 表記(36)

17800→12000円。

 

70’s TT Leather ”トレイルブレザー” オイルドジャケット 赤 表記(S)

34000→20000円。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore