2019/10/1

 

朝、目覚めると、巨大な虫になっていた

これは、フランツ・カフカ、”変身”の冒頭シーンですが、
今朝、目覚めると税率が10%になっていました。

と、そんな風に呑気に構えていたのに、
オンラインストアの税率設定は自動では切り替わらず、
僕の契約プランでは【手動】でやってくれ、との事。。
CSV一括変更をするには月々1000円払え、との事。。
Makeshopのヤロー、上手くやりやがって。。
と昨晩から腰痛と戦いながら変更作業を続けております。

さて、ブツブツ言ってもしょうがないので、
本日のアノラックOnlineStoreは、
こちらから。

00’s フランツ・カフカ J.votrubaのイラスト Tシャツ 表記(M)

ちょうど実存主義がどうとか、
海辺のカフカがどうとかが流行った時代に、
青春を送ったため、
どちらかと言うと青臭い思い出が強い、
フランツ・カフカのTシャツです。

ボディはたぶんヨーロッパ製。
コットンの表記がチェコ語です。

シルエット姿のフランツ・カフカのイラストは、
Jiri Votrubaが描いたもの。

黒ボディに、白じゃなく、
オレンジというのも渋いですね。

実存主義が何かもしらず、(今でも分からんけど)、
その響きに陶酔し、
部室で語り合った学生時代は、
もう遥か遠い昔の事で、。

歳は取りたくないなぁ。。

 

80年代位? ハンドメイド パンクモヘアニット 実寸(S位)

80年代位と思われる、
ハンドメイドモヘアニットです。

ブランドネームや品質表記はなし。
完全にハンドメイドだと思います。

アブストラクトな切り替え、
2度見せずにはいられない色使い。

セディショナリーズを彷彿とさせる、
パンクなニットです。

袖も良く見ると水色の部分が、
毛足の長さで切り替え?してあります。

首リブヤブレ。
大きく解れる事はなさそうです。

むしろ穴が開いてる位が良いかも。

”一点モノ”なんていうキラー売り文句は、
こういうもののためにあるはずです。

 

02’ SS アンダーカバー×VANS ”HAZE期” Sk8-Hi ハンバーガー柄 表記(US11) 美品

2002年、アンダーカバー×VANSのSk8-Hiです。

THE ILLUSION OF HAZE期。

ハンバーガー柄です。

US11。

17年位前のスニーカーとしては、
美品の部類に入ると思います。

 

00-01’s AW アンダーカバー ”メルティングポット期” ジップモッズコート 表記(M)

2000-01年、アンダーカバーのモッズコートです。

メルティングポット期。

人気の高かった、
ジップモッズコートです。

それぞれのジッパーは飾りではなく、
ちゃんとポケットになっています。

裾はスナップボタンで、
シルエットを調節出来ます。

裏地はフランネル。

背中にUロゴプリント。

表記Mサイズで、実寸はL位。
実物のM-65モッズコートではXS相当です。

パンクモヘアに、極細パンツ、
マーチンを合わせれば、
最高にクールですね。

 

4点セール価格に変更しました。

PHENOMENON Tisavision TV 鷲掴み Tシャツ 表記(L)

2800→1000円。

 

90’s drawls バギーショーツ 表記(L)

3800→1200円。

 

90~00’s STUSSY カーゴショーツ 表記(30)

2800→1000円。

 

80~90’s USA製 黒タグ STUSSY Tシャツ 赤 表記(L)

5800→2300円。

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore