2019/9/24

+++

中学生以下は入場無料。

そこが気に入りました。

今週末、9/28(土)、19時~23時。

”Submarket(サブマーケット)”という催しがあります。

場所はGalaxy銀河系。
http://www.thegalaxy.jp/

内容は音楽と物販です。
VERDY君が描いたフライヤーが可愛いっすね。

大人はe+(イープラス)でチケットが購入できます。
https://eplus.jp/sf/detail/3083690001

+

ユーダイ君に脅されて、
参加させて頂くことになりました。

dojoe × RIE SATO Paris 】
~夢で逢えたら~ ピストルズミックス

僕が14歳だったら、
こんなイカツイ場所に果たして行けるだろうか。。

いや、でも、平気で行けるヤツが同級生に1人位いて、
どうやってもあいつには勝てないと悔しさに枕を濡らし、
知識ばかりを身に付けて、
それで強くなった気になって、
あげくつまらん大人になって。。

そういうデフレスパイラルから抜けるために、
こういう催しはあるのかな、と思います。

こちらのTシャツは、
イベントのみで販売致します。

残ったら、すべて焼いてくれ、と頼んであります。

なるべく焼かないですむように、
どうかよろしくお願い致します。

+++

 

では、本日のアノラックOnlineStoreは、

こちらから。

93’s コロンビア×MLB ”ロッキーズ” バガブーインターチェンジ 黒×紫 表記(S)

1990年代、コロンビアのバガブーインターチェンジです。

MLBとのオフィシャルコラボモデル。

コロラド・ロッキーズです。

この山ロゴが良いですね。

袖切り替えの2トーンカラー。

黒×紫というのはアウトドア好きにも、
たまらない配色だと思います。

残念ながらインナーのフリースJKTが欠損。
というわけで価値は半減。。

こういうアイテムはきっとアメリカの方が
評価が高いと思います。

MLBコレクターとか、ロッキーズファンとか。

どちらにしろバガブーモデルのMLBネームは、
中々レアだと思います。

 

80~90’s USA製 Polo ラルフローレン ポプリン生地 スイングトップ 表記(L)

1980~90年代、Poloラルフローレンの
スイングトップです。

アメリカ製。

横長タグなので、80年代終わりかなぁと思います。

定番のスタイルで、通常はやや厚手のツイル生地ですが、
こちらは薄手のコットンポプリン生地です。

鮮やかな青に、ライムイエローの胸ポニー。

ポロスポ前夜と言った感じでしょうか。
サイズ感もダブっとして、イケイケです。

 

90’s コロンビア ウィンドブレーカー 薄紫×ターコイズパイピング 表記(L)

1990年代、コロンビアのウィンドブレーカーです。

生産国は不明、
シェルはナイロンで、
ライナーはポリエステルメッシュ。

胸ポケットの
ラウンドしたパイピングが特徴です。

ジッパーの位置で、
首元の印象が変わります。

薄手のナイロンで、
小さく畳んでバッグに入れておくと、
ちょっと寒い夜などに重宝すると思います。

 

90’s Polo ラルフローレン ナイロン ウィンドブレーカー 青 表記(M)

1990年代、Poloラルフローレンの
ウィンドブレーカーです。

ホンコン製、ナイロン100%。

首元はまだPoloラルフローレンタグですが、
完全にポロスポの前身です。

定番のスイングトップをベースに、
スポーティーに味付けしてます。

襟先のコードが抜けていたので、
4mmのパラコードを入れておきました。

やや長めなのは、絞れるように。
ただ長くダランと垂れていても良い感じです。

ゴムが伸びきっていたので、
袖先は交換しましたが、

裾は開いていた方がコーチジャケットっぽいかなと思い、
そのままにしておきました。

青に黄色のジッパーというのが、
いかにもの配色ですね。

ゆったり、ダボッとしたシルエットです。

 

それと、こちらキャンセルになりましたので、
改めてご検討のほどお願い致します。

91’s M-65 4th フィールドJKT 3Cカモ 後染めカスタム 表記(XS-Short)

 

よろしくお願い致します。

OnlineStore